生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. キャバクラでうまく指名して楽しく時間を過ごすコツ

キャバクラでうまく指名して楽しく時間を過ごすコツ

2013年05月07日作成

 views

キャバクラは一般的に高級クラブよりリーズナブルで、スナックよりは女の子の質が高いため、サラリーマンに人気があります。なじみの店となると指名をしたりしますが、筆者の失敗談をもとにそのコツを紹介しましょう。

目次

指名のやり方

1.本指名

あらかじめ気に入った女の子がいて、入店時にスタッフにその女の子を指名することを本指名といいます。常連客に人気の高い女の子はそれに応じた収入になり、その月の指名された回数が最も多いといわゆる『No.1』と呼ばれたりしますので、女の子たちはお客さんに指名してもらうようがんばるわけです。

本指名する場合にいくつか注意点があります。これは人によって考え方はさまざまですが、もし多くの女の子と接したいと思っている人は、本指名することをあまりお勧めしません。本指名すると、そのお店で対応してくれる女の子が固定されてしまうからです。店側が指名する女の子を把握するため、こちらが指名する前にスタッフが『○○ちゃんですね?』と声をかけてきます。また、店によっては”浮気”を禁止しているところもあるようです。結果、途中から気になる子が新たに現れた場合でも、なかなかその子についてもらう機会が得られないのです。

また、本指名の女の子の誕生日イベントには参加せざるを得なくなり、思わぬ散財が待っていたりしますので注意が必要です。

2.場内指名

入店して特に指名せず席についてから、ついてくれた女の子をその場で指名することを場内指名と言います。本指名と違って、その場限りの指名と言って良いでしょう。指名料は本指名と変わらない場合が多いようですが、店によっていろいろなので事前にマネージャに聞いておくと良いでしょう。

最初は指名していないため、マネージャが選んだ女の子が席につきます。もし、その中から気に入った子が現れればその場で指名してください。女の子に『指名するからここに居てよ』と伝えればOKです。あなたが店を出るまでついてくれます。

例えば、席についている複数の女の子から特定の子のみを指名するとなると他の女の子に気を使って言いにくい、など言いにくい気持ちがあるのであれば、トイレに行くフリをしてこっそりマネージャに伝えればOKです。気の利いたマネージャであれば、1人ずつ外すなど配慮してくれます。

常に多くの女の子と接したいと思っている人は、この場内指名がお勧めです。完全なフリーだと数十分で女の子がローテーションしてしまうため、場内指名することでその子をホールドできるわけです。場内指名を上手く使って、いろいろな女の子と楽しく過ごしましょう。

「この子を指名してみよう」と判断するポイント

ポイント1:聞き上手

こちらの会話にエンジンがかかってきたときに、会話に割り込まず聞き手に徹し、且つ会話の途切れでうまく合いの手を入れてくれる『聞き上手』であるかがポイントになります。

ポイント2:話し上手

とくに話題がなくなったときに、うまく話題を提供してくれる『話し上手』であることもポイントです。話し下手の客であっても会話をはずませることが得意な女の子は、話し上手と言えるでしょう。

ポイント3:あまり高い飲み物をねだらない

よく自分の売上のために高い飲み物をねだる子がいますが、キャバクラに来る客はサラリーマンなどごく一般的な収入の人が多いのですから、あまり客のことを考えていないという証拠でしょう。

ポイント4:しつこく連絡先を聞いてこない

女の子の連絡先を聞けるのは悪い気はしませんが、100%営業用の連絡がかかってきます。しつこく聞いてくる女の子はあまりお勧めできません。

指名した女の子と楽しく過ごすコツ・マナー

客であるこちらにも、ある程度のマナーが必要です。飲んだ席ですのでついついエンジン全開になりがちですが、お金を払っているから何でも良い、となってはやはりマナー違反です。極端な場合はお店から締め出し、入店禁止となり得ますので注意しましょう。

ポイント1:あまり深酔いしない

深酔いしてグダグダになると、女の子も困ってしまいます。仮に吐いたりして絨毯や女の子の衣装を汚してしまったりすると、お店に損害を与えてしまいます。当然ながら締め出されます。やはり適度な飲み方をしましょう。

ポイント2:下ネタは控えめに

ある程度心得のあるプロとはいえ女性ですから、下ネタは控えめにしておきましょう。女の子があきらかに嫌な顔をしていたら、違う話題に切り替えた方が良いと思います。

ポイント3:お触りは厳禁

言うまでもなく、お触りすればお店から締め出されます。その後の入店も禁止される場合がありますので注意しましょう。

おわりに

キャバクラに行くということは、若い女の子と会話しに行くということです。本指名しようが口説きに行くわけではありません。入店したら楽しく会話し、終わったら余韻を残しつつ家に帰る、といったスイッチの切り替えをしっかりすれば、楽しく利用できると思います。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130504163207 5184b9775f301

本記事は、2013年05月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る