生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 【復縁に繋げる為の!】別れの後の感謝と謝罪のメール例文

【復縁に繋げる為の!】別れの後の感謝と謝罪のメール例文

2013年05月05日作成

 views

振られた彼の事をどうしても諦められず復縁したいと願う時は別れの後には、必ず感謝と謝罪のメールを送りましょう。

相手が別れ際に怒っているような場合は別れてから1~2週間後、相手と穏便に別れることが出来たのであれば、1~2日後にお送りするのがベストです。

相手が怒っている時に、すぐに謝罪のメールを送っても相手の心には響きません。

相手が別れに寂しさを感じ出した頃がベストなタイミングですから、そのタイミングを間違えないようにしましょう。

別れの理由や状況にもよっても違いますが穏便に別れた後の感謝と謝罪のメール例文を紹介します。

▼無料の復縁メール▼
どうしても復縁したい方向け!メール相談はコチラ

誰にでも当てはまる内容ではないので相手に送る場合は自己責任でお願いします。

感謝と謝罪の例文

私からの最後のメールです。

今まで一緒に楽しい思い出が作れてすごく嬉しかった。

○○君に別れたいって言われて家に帰って、もう別れちゃったんだなー。って思ったら、やっぱ悲しいね(笑)でも、悲しい気持ちよりも、ゴメンって気持ちのほうが強いかな。

私は○○君に甘えっぱなしで、依存しっぱなしで、いつも○○君を困らせて、悩ませて、苦しめてしまったよね。

なんで私は、もっと○○君の事を理解してあげられなかったんだろう。○○君がしたい事をさせてあげられなかったんだろう。

そんな風に後悔しているんだけど、全部、私に余裕がなくて自信がなかった事が原因なんだよね。

○○君を幸せにしたかったのに、いつのまにか自分が満たされることばかり考えちゃって、本当に情けないと思う。子供だったなって思うよ。本当に今までごめんなさい。

でも、○○君は、いつも笑って私のことを受け止めてくれて、私の事をいっぱい笑わせてくれたよね。

私に色々な世界を見せてくれた。

何度もサプライズで、夜景や夜の海や遊園地や海外旅行とか連れて行ってくれたよね。

私はね、あんなに男の人に感動させられたのははじめてだし、きっとこの先もないと思う。○○君と一緒に綺麗な世界を見れたことが本当に幸せだったなー。って思うよ。あの時の景色も匂いも音も全部宝物だよ。

言葉じゃ表せられないくらい感謝しています。○○君と出会えてよかった。○○君と過ごした時間は私の誇りだよ。今まで本当に本当にありがとう。

それじゃあ元気でね。

復縁を考える方へ

少し前までは復縁というのは、あまり一般的な考え方ではなかったですが、最近は色々な雑誌で復縁を特集した記事があり余り珍しい考え方ではなくなったと言えるでしょう。

恋愛をする時のテクニックと復縁をする時のテクニックは全く違うので復縁を目指す時は復縁に合ったテクニックや考え方をすると良いでしょう。

▼無料の復縁メール▼
どうしても復縁したい方向け!メール相談はコチラ

あなたにオススメの関連記事

復縁体験談

ミラーリングを使った復縁方法

都合の良い関係からの幸せな復縁

離婚からの復縁する為のポイント

復縁の不安解消法

Facebook(フェイスブック)復縁活用法

引き寄せの法則で復縁を近づける方法

アラサー女子必見!復縁する為の心構え

【パターン別】別れた後の男心をコントロールするコツ

復縁をしたいなら絶対にしてはいけない事

女子力アップをしながら楽しく笑顔で復縁を目指す方法

心理学を復縁に応用する方法

失恋1日目にするべき事

遠距離恋愛の復縁方法

【タイプ別】恋愛依存からの立ち直り復縁に近づける方法

復縁を目指す前に、まず考えてほしい事・相手を見極めるコツ

ゴールデンウィークを復縁のきっかけにするポイント

3つの男性心理を操作し復縁する方法

元カレと復縁したくなる 3パターン

【復縁に繋げる為の!】別れの後の感謝と謝罪のメール例文

【復縁に効く!】復縁パワースポットの紹介

同じ職場の元カレと復縁する方法

復縁を叶える携帯の待ちうけ画像

復縁テクニック

▼無料の復縁メール相談▼
どうしても復縁したい方向け!メール相談はコチラ

(image by 足成)
(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130505163157 51860aede567b
  • 20130505125448 5185d808043d2

本記事は、2013年05月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る