生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 心の扉を開けよう!年下男性の攻略法

心の扉を開けよう!年下男性の攻略法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

恋愛をするとまず相手の年齢が気になりませんか。年下の人と初めてお付き合いするあなた、分からない事が沢山あるでしょう。

年下男性と聞いて頼りないというイメージがあるかもしれませんが、意外としっかりしている男性もいますし交流して勉強になる事だって沢山あります。年下男性のポイントを攻略して恋を楽しみましょう。

年下男性の特徴

年下男性はどのような個性を持っているのか気になるでしょう。様々な性格の年下男性がいるので、相手の特徴をつかむことが大切です。

甘えん坊タイプ

これは年下男性の代表的な特徴と言えるかもしれません。年上女性とお付き合いをする事になれば、些細な事で甘えてきます。

話したがりタイプ

年下男性は、話を聞いて欲しい傾向があるでしょう。内容は様々でしょうが、今日あった出来事、テレビの内容など幼い内容が目立つかもしれません。それはそれで可愛い一面がありますね。

不器用だけれどリーダシップを取りたがるタイプ

自分より付き合う女性が年が上だと、引け目に感じる半面自分がデートの際支払いは自分がしようとしたり、彼女を守ってリーダーシップを取ろうと言う気持ちになっているタイプです。

素直で無邪気。年上女性をからかいたがるタイプ

子供っぽい性格で、自分が年下なのを武器に女性をわざとからかったりして楽しむ男性です。

タイプ別!年下男性の攻略法

甘えん坊タイプ

自分に弟や息子がいる気分になって、相手が甘えてきたらそれに応えてあげましょう。このタイプは優柔不断や恥ずかしがり屋が多いかもしれません。

そのため、デートで入った飲食店で注文する時は進んで自分が注文を決めるなど、相手をサポートしてあげましょう。

話したがりタイプ

男性は女性にアピールする為に自分の過去などを話したがる傾向がありませんか。年下男性にもこれは共通するでしょう。自分にとって興味のない事でもきちんと聞いてあげましょう。

不器用だけれどリーダシップを取りたがるタイプ

このタイプにあれこれ世話を焼くと怒ってしまったり、対応が面倒になってくるかもしれません。リーダーシップ取り出したり、威張り始めたら、本人のやりたいようにやらせてあげましょう。仮に多人数の人と遊んでいても独占せずに少し見守って止める事が大事です。

デートの支払いですが年下を理由に年上のあなたに任せ出したら要注意です。たまになら良いのですが、頻繁になってくるとあなたが勘定するのが当たり前になりせっかくの交際も苦痛になってしまいます。そういう流れになったら少し様子を見て下さい。

あまり自由奔放にすると、何をしてもいいんだなどと勘違いを引き起こす可能性があるので注意してください。

素直で無邪気で年上女性をからかいたがるタイプ

相手が悪気はなくても年齢の事や気に障る事をズバズバ言ってくるかもしれませんが、角を立てずにこっちが上手になる事です。

もし、話していて会話の内容の幼さが気になったり、毎回同じ事を聞いて疲れてしまっても、なるべく嫌がらず、上手に聞いてあげて下さい。

年下男性に恋する読者へ

自分の年齢の事は気にしない事をお勧めします。年下男性は意外と相手の歳を気にしていません。正直に話しても驚かないでしょう。

あまり自分の年齢を気にしてサバを読んだりすると返って相手が不審に思い、これを機に今まで色々な面で年下の自分を騙していたのかと疑心暗鬼になってしまうことも。本当の事も嘘と捉えられないようにように正直でいる事が大切です。

年が離れていると、普段聞かない音楽や雑誌なども読める機会が増えて視野が広くなります。年下男性の影響で様々なジャンルの音楽を聞いたり、自分の年代では興味のなかった物に触れてみる事も楽しみの一つになるでしょう。

おわりに

先程も少し書きましたが、年下の男性だから支払いは自分がと言うことはなるべく控えて下さい。これは相手の為にもならないですし、つくし過ぎた挙句に別れたりした場合は自分が泣くことになりかねません。

お金の事は年齢問わず大事なので、きちんと相手が払うと言うなら払って貰い、たまにあなたが払う位が丁度良いのです。あなたならどの特徴の男性に惹かれますか?

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130429144427 517e08bb48052

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る