\ フォローしてね /

すだれで暑さ対策のススメ

すだれを使えば簡単に暑さ対策が出来ます。我が家ですだれを使う際に実践しているコツを紹介します。

使用するもの

  • すだれ
    窓の大きさよりも、出来れば少しだけ長いものをお勧めします。地面からの照り返しまで防ぐと、暑さ対策に効果的です。

  • 巻き取り機
    すだれの上部につけてすだれを簡単にまきあげます。時間によって直射日光が当たったり当たらなかったりするところは、巻き取り機を使うと便利です。

すだれ使用のポイント

ポイント1:窓の外に吊るす

すだれは窓の外につるすようにします。内側(カーテンのように使用)では、室内に直射日光が入り、暑さ対策としては弱まってしまいます。直射日光を部屋の中に入れないことがポイントです。

ポイント2:丸フックを使用

掛ける時に、釘だけでは風であおられて落ちてしまう場合があります。我が家では丸フックを使用し、少々の風では落ちないようにしています。

かける時に少しやりにくいかもしれませんが、一度かければ落ちにくくなります。

ポイント3:床面の熱を入れないようにする

すだれを選ぶポイントにも書きましたが、床面に直射日光が当たる場所(ベランダなど)の場合、下からの熱がすだれのすき間から入らないように、少し長めのものを選ぶようにします。

この少しのすき間が案外ばかにならないものです。

おわりに

カーテンがあれば大丈夫と思いがちですが、すだれをかけることで暑さ対策がぐんと進みます。安価で手軽に設置も出来ますし、日本の伝統を見直してしまうほど。

すだれ越しの風景も、いつもと変わりのない窓の外が何となく情緒のあるように見えます。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。