生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 友人のお墓参りに!春のお彼岸を過ごし方

友人のお墓参りに!春のお彼岸を過ごし方

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

お彼岸には春のお彼岸と秋のお彼岸がありますが、殊更、春のお彼岸には心を強く寄せる思いがあります。著者が毎年行なっている春のお彼岸の過ごし方を紹介します。

お彼岸にやったこと

毎年、友人の墓参りは欠かせません。命日が春のお彼岸の最中というのは心痛の極みの思いがあります。

昔から、「お彼岸に亡くなる人は、その人の寿命だ」と言われますが、春のお彼岸中に亡くなった友人はまだ若かったですから、決して寿命だとは思いませんでした。ですから、そうした悔しい思いを引きづりながら墓参りをしています。

やってみてどうだったか

桜の開花は毎年その時期が変わりますが、2年前のお彼岸は満開の桜でした。生前、そうした桜の下で宴会をしたこともあり、状況がすっかり変わって、墓参りをしていることに切なささえ覚えました。

昨年の墓参りは桜はつぼみ程度でしたが、桜が満開でない年の方が辛さが軽減されるような気がしました。

その他、お彼岸のオススメの過ごし方

友人は山が好きでしたので、墓参りが終わった後は、亡くなった友人と一緒にいるつもりで、近くの山に登るようにしています。

山の標高は決して高くありませんが、仲間と連れだって思い出話に花を咲かすのが恒例になっています。また、元気で趣味のハイキングをしていることの報告も兼ねています。

おわりに

春のお彼岸は3月18日から24日までですが、友人は3月23日が命日です。彼岸明けが3月24日ですので、3月23日は前日になりますが、わざわざその期間内を選ぶ必要がなかったのにという思いが毎年去来します。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130429103610 517dce8a9a5cf

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る