生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 気合の入れすぎに注意!同窓会の服装・身だしなみのポイント

気合の入れすぎに注意!同窓会の服装・身だしなみのポイント

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

同窓会の連絡がきたときに、まず「何を着ていこうかな?」と考える人は多いと思います。

せっかく久しぶりに会えるのだから普段着ではなくオシャレしていきたい。だけど、張り切っておめかししすぎても逆に浮いてしまうのではないか。そんなことが不安になったりしてきませんか?

そこで今回は、同窓会に行くときの服装や身だしなみのポイントについて、筆者の失敗談などを例にあげながら書いていこうと思います。

著者が参加した同窓会について

同窓会について

  • つながり:小学校のクラス会
  • 時期:20歳のとき
  • 場所:地元カラオケ店のパーティールーム
  • 参加者:クラスメイト16名(先生は不参加)
  • 会費:3000円

参加時の著者の服装・身だしなみ

服装

  • 上下:パーティー用の少し高価なワンピース(色:ベージュ)
  • 足元:パンプス、ラメ入りのストッキング(色:薄いパープル)
  • 鞄:パーティー用の革のバッグ、収納は小さいもの(色:黒)

身だしなみ

  • 髪型:肩にかかるくらいのボブ(色:赤茶)
  • メイク:ベースメイク、アイメイク、リップ等、普段より入念に
  • 香水:母の香水を拝借(クリスチャン・ディオール)

卒業してから約8年会う機会がなかったため、相当の気合を入れて準備しました。メイクに関してはだいぶ厚化粧になっていたと思います。

同窓会に行くときの服装・身だしなみのポイント

ポイント1:清潔感を心掛ける

人と会うときの大前提ではありますが、清潔感を保つことが必要です。あまり堅苦しい同窓会でないならば気楽に普段着のような格好でも大丈夫でしょう。しかしその場合でも、汚れていたり洗濯しすぎてくたびれたような服装は控えたほうがいいです。

また、出掛ける前には鏡で後ろを確認して、服の皺・汚れなどを最終チェックをしておきましょう。

ポイント2:露出を控える

主に女性に当てはまることですが、極力露出は抑えましょう。

今回のケースでは小学校時の同級生ということでしたので、子供のときには男女の違いもそこまで意識していなかったかもしれません。しかし改めて大人になってから相手のセクシャルな部分を目の当たりにすると、お互いに少々気まずい気持ちにさせてしまうこともあります。

せっかくの同窓会ですから、小さい不安要素だとしても回避しておくに越したことはないです。

ポイント3:TPOに合った服装・メイクを

実は筆者はこの点で失敗してしまいました。久々に会う人が多いということで、気合を入れていつも以上にオシャレをして行ったのですが、会場では見事に浮いてしまいました。

会場が地元のカラオケ店だったせいか、行ってみれば普段着の延長のような服装の人が大部分を占めていました。そんな中で筆者はパーティーに出向くような格好をしてしまったため、なんだか気後れしてしまって最初は会話に入り辛かったです。

気合を入れるのは悪いことではありません。しかし、会場となる店の種類・参加者のメンツ(先生は参加するかしないか)などの情報から、TPOに合った服装と身だしなみを判断することが大切です。

おわりに

以上、同窓会に行くときの服装・身だしなみについて書いてきました。

筆者の失敗したようなパターンもありますが、気合が空回りしたらしたで、同窓会メンバーの中で笑いのネタにはなるかもしれません。浮かないことを意識するあまり、逆に萎縮してしまう方がもったいないと思います。

どうしても判断に迷ったときには、連絡をくれた幹事に「どのくらいの格好をしていったらいいかな?」と軽く相談してみるのもいいかもしれませんね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130429184139 517e40535c2b0

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る