生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 情報収集がカギ!中古車を購入するときのポイント

情報収集がカギ!中古車を購入するときのポイント

2013年04月29日作成

 views

今、軽自動車が人気ですね。ですが、軽自動車でも新車を購入するとなるとお金がかかります。

そこで、中古車を購入しようか検討なさっておられる方は多いのではないでしょうか。

今回は、著者が中古車を選ぶコツをご紹介します。

目次

購入した中古車

車種は「スズキのラパン」です。

平成17年車で、走行距離は2万kmほどです。ターボ車で力があります。

中古の軽自動車にした理由

軽自動車の新車となると必ず100万円はかかります。著者はまだ貯金もあまりなかったので、比較的値段が安い中古にすることにしました。

また、免許取り立てで新車に乗って傷でもつけたらショックなので、最初から中古車に決めていました。

この中古車に絞り込んだ条件

使用用途

仕事場所までの通勤が主です。また、買い物が好きなので少し遠くのデパートに行くため使ったりと、割と毎日乗りますが、高速を使ったりすることはないので軽自動車で十分です。

維持費

  • ガソリン代:1か月=約8000円
  • 車検代:初回約10万円
  • 駐車場代:1か月=1000円
  • 自動車税:約8000円
  • 保険代:年齢が若いため1万円以上

普通車にすると自動車税が倍かかって高いですが、軽自動車は普通車よりも安いというのがメリットです。この点からも、軽自動車にしようと決めました。

車体価格

本体とその他費用合わせて、65万円でした。距離もそこまで走っていませんでしたし、ターボ車の割には安かったと思います。予算は60万円ほどでしたので、許容範囲内でした。

カラーや大きさ

シンプルな飽きない色が良いなと思っていたので、パールホワイトにしました。ぱっと見は、普通の白色ですが近くで見ると少しキラキラしているところがお気に入りです。

大きさも軽自動車なので、小さ目で小回りがきき、駐車もしやすいです。

情報を集める方法

車に詳しい人に話を聞く

車に関して無知な著者でしたので、車に詳しい知人に話を聞いて情報を得ました。どんなメーカーが良いか、女性向きの車はどれだとか、自動車税や保険代のことまで分からないことは詳しく説明してもらいました。

ある程度、知識を得た上で実際車選びを始めたので困ることはありませんでした。

車関連のホームページをチェック

基本的な車に関しての情報を得てから、どんな車が中古で売られているのか、中古車情報が載っているサイトをチェックしました。

そのようにして、メーカーや色・形などを細かく絞っていきました。そしてある程度希望条件がまとまったところで、両親が車検などでもお世話になっている修理工場の人に探してもらって、試乗をすることになりました。

試乗する上でのポイント

ハンドルが操作しやすいか

以前、母の車を運転していましたがハンドルが固く、操作しずらく感じていました。自分の車を持つときは、ハンドルが軽くて回しやすいものが良いと思っていたので、そこを1番チェックしました。

周りは見やすいか

ガラスの形・大きさによって周りの見え方も変わってきます。きちんと前、横、左右ななめ、後ろが見やすいか確認しましょう。ミラーも調節して自分に合わせてみてチェックすると良いと思います。

これは安全面で重要になってきますので、慣れだからと思わず、試乗の段階でぬかりなくチェックすることが大切です。

バックをしてみる

駐車するときなど欠かせないバック。著者は特に免許をとったばかりでバックが不安だったので、バックがしやすいか確認しました。

前進しているときとはまた違う角度で、車の機能を確認できるのでしておいたほうが失敗がないと思います。

検討から購入までの長さ

大きな買い物でもあり慎重に決めたかったので、3か月ほどかかりました。どうしても仕事へ行くのに必要になったので、早くから検討して良かったと思います。

焦って決めると妥協してしまう部分もあると思いますが、自分の希望条件にそった中古車を決めることができたと思います。

中古車を選ぶ際の注意点

事故車ではないか

事故をしてしまった車が修理されて販売されている場合があります。一度大幅に修理してある車は、やはり長持ちしにくいのではないかと思います。購入してから、何度も修理に出さないといけないとなると大変です。

気持ち的にもあまり良くないので、気になる方は事故車ではないか聞いてみるのも良いかと思います。

カラー

これは中古車だけに言えることではありませんが、もし車に傷などがついて修理に出さないといけない場合、特殊なカラーは高くつきます。著者の車も「パールホワイト」なので、びっくりするぐらい修理代が高かったです。

購入後にかかるかもしれないお金も絶対抑えたい!という方は、普通の白、黒、シルバーといったカラーにすると良いと思います。「~ホワイト」、「~ブラック」といった名前のカラーは修理代が高いということを注意してください。

おわりに

いかがでしたか。中古車でも十分機能を果たしてくれます。よく情報収集し独断で決めるのではなく家族などにも相談すると良いのではないかと思います。

ぜひ素敵な中古車を見つけてカーライフ楽しんでくださいね。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130427155624 517b769878e30 thumbnail

本記事は、2013年04月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る