生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 取り出しやすい!洗濯物干し用ハンガーの収納方法

取り出しやすい!洗濯物干し用ハンガーの収納方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

洗濯物を干すのって、結構面倒な家事の1つですし、少しでも作業の効率を上げるためには、ハンガーの収納の仕方は大事だと思います。

そこで、著者宅でのハンガー類の収納についてご紹介いたします。

アイテムごとの収納方法について

ハンガー(中央の段)

ホームセンターで買ってきた、突っ張り棒にかけて収納しています。

ハンガーは一番使用頻度の高いアイテムなので、目線の高さに合わせて突っ張り棒を設置しています。

また、使用する際に使いやすいように、ハンガーの種類ごとに引っ掛けています。

ぎゅうぎゅう詰めにして引っ掛けると、いざ使用する際にハンガー同士が絡まる場合もありますので、ハンガーの種類ごとに隙間をあけて引っ掛けるようにしましょう。

ピンチハンガー(上の段)

大きいサイズのものと、小さいサイズのものをそれぞれ棚に置いています。大きいサイズは平置きにし、小さいサイズは立てて置いています。重ねて置いていないので、ハンガー同士が絡む心配もありません。

洗濯バサミ類(下の段)

持ち手つきの籐のカゴの中に入れています。洗濯物を干す際は、カゴごと持って行き、持ち手の部分を物干し竿にひっかけて使用しています。

干す際や畳む際に必要な、しわ取りのスプレーやアイロンを置いておくと、干す・畳むの作業がすべてこのスペースでできるのでとても便利です。

おわりに

いかがでしたか?収納方法に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130427180427 517b949b25112

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る