生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 結婚資金で利用したフリーローンのメリット・デメリット

結婚資金で利用したフリーローンのメリット・デメリット

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

結婚式・披露宴をするにあたって、重要な事が「資金をどう調達するか」です。

もちろんコツコツと貯金をして貯めたお金で、というのが理想ですが、なかなかそうもいかないのが現実です。まとまった結婚資金をローンで・・・という方も少なくないでしょう。

そこで筆者が結婚披露宴をあげる際に利用した金融機関のローンを紹介したいと思います。

いくら借りたのか

筆者が結婚資金として借りた金額は50万円です。

内訳は結婚指輪代に10万円、挙式・披露宴代に40万円です。

指輪・挙式代ともに両家で折半という事になり、上記の金額は筆者の側で払う予定だった金額です。

選んだローン

どのようなローンを選んだか

筆者が選んだローンは、地元の銀行で取り扱っているフリーローンでした。

なぜそのローンを選んだのか

筆者がそのローンを選んだポイント、それは「ローンを取り扱っている銀行が筆者のメインバンクだったから」です。

やはりメインバンクにしている銀行だけあって信用もありましたし、手続きの際も新たに口座を開設するなどの手間がなく便利でした。

ローンを組む際のコツ

ローンの返済で苦しくならないために、借りる際、この額は絶対必要という目安と月にどのくらいだと無理なく返済できるのかを担当の方と相談することが大事です。

いくら必要だからと言って、その後何年もローンに苦しめられるのでは元も子もありません。

返済計画

筆者は50万円を約3年ローンで返済することにしています。ボーナス払いという手もあるのですが、現状では考えていません。月額にすると約1万4千円ほど支払っている計算です。

ローンのメリット・デメリット

メリット

ローンを利用して良かったと感じたのは、一気にまとまった金額が必要になる時に、一括でまかなう事ができる点です。

挙式・指輪・新居への引越し・家財道具など総額にすると結構な金額になるはずです。

それを目標にするものの、なかなか貯まらない・・・と考えるのであれば、月々支払える金額内でまとまったお金をローンで借りるという方法がいいと思います。

デメリット

ローンを利用する際のデメリット。それは金利です。金利はそのローンによってや条件などでも違ってきますが、金利のないローンはないでしょう。という事は、実際に借りた金額より多く出費するという事になるのです。

それがちょっと・・・と考えられる方は、必要な額を貯金して捻出するほうがいいと思います。

おわりに

参考になったでしょうか。

筆者も初めは「ローン」という言葉に馴染めず、借りるかどうかを悩みました。しかしいざ銀行に足を運んで相談してみると無理な計画もなく、安心してローンを組んで結婚式を挙げることができました。

いま現在悩んでいる方は、銀行のパンフレットやホームページなども参考に、どの方法が自分に合っているかもふまえて検討してみてはいかがでしょうか。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130425152559 5178cc774f8e4

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る