生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 自然素材を使う!ボディタオルを選ぶときのポイント

自然素材を使う!ボディタオルを選ぶときのポイント

2013年04月28日作成

 views

お気に入り

カラダに直接触れるものはできるだけ自然素材を使うように、心がけています。

また1つのものを長く使うよりも、定期的に交換して、使い心地がいい状態のものを使用するようにしています。

著者が持っているボディタオルについて

  • メーカー:ESTYA
  • サイズ:約24×200cm
  • 素材:絹30%・綿70%
  • 価格:100円
  • 購入時期:2013年1月

ボディタオルの選び方

ナイロン製では無く、綿・麻・絹など自然素材をつかったタオルを選んでいます。

ポイント1:自然素材

ナイロン製のボディタオルは乾きやすく、軽く、使いやすいのですが、肌を傷めるような気がするので、必ず綿・麻・絹などナチュラル素材が使われたボディタオルを選ぶようにしています。

天然素材の繊維で刺激が少なく、お肌に優しいです。

ポイント2:安い

100円ショップで売っているものを選びます。

長く使っていると、生地がヘタってきたり、ゴワゴワしたり、目には見えなくても衛生面で気になります。

そのため短い周期で取り替えて、出来るだけいい状態のボディいタオルを使うように、心がけています。100円なので気軽に取り換えられるのも、魅力です。

ポイント3:泡立ち

カラダを洗う時に、ゴシゴシこすらないよう、泡立ちのいいものを選びます。いまは固形石鹸でもボディソープでもどんな素材のタオルでも泡立ちはいいようです。

ただ、厚みのある素材は泡立てるのにちょっと時間がかかるので、気を付けて選んで下さい。

おわりに

大型の100円ショップなどに行くと、ボディタオルだけでも選ぶのが迷ってしまう位種類が揃っています。毎日使うものなので、自分の使いやすいもの、気にいったものを選んで、バスタイムを気持ちよく過ごして下さい。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130426140728 517a0b902c863
  • 20130426143250 517a1182b491e

本記事は、2013年04月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る