生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 遅刻が原因で彼とケンカしてしまった時の対処法

遅刻が原因で彼とケンカしてしまった時の対処法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

彼とは遠距離恋愛中(大阪~愛知)で、いつもどちらかが新幹線に乗ってどちらかの地域に行って会っています。いつもは著者が彼の住んでいるところに行くことの方が多いのですが、時々彼が遅刻することで著者は不満に思っていました。それがきっかけで彼氏とケンカしてしまった体験談についてご紹介します。

待ち合わせに45分も遅刻した彼

その日、彼と京都駅前でデートの待ち合わせの予定でした。待ち合わせの後、河原町でおいしいお茶を飲んで、著者の地元でおいしい焼肉を食べるというデートプランでした。

著者の家から京都駅に出るには、バスを使って最寄駅まで行ってJRに乗るので、結局彼と所要時間は数十分しか違いません。なので、彼が家を出る時間に著者も出発しました。

ところが、著者が最寄りのJRの駅に着いて電車に乗ろうとした時、彼から届いたメールには彼の到着予定時刻が大幅に遅れていました。後で理由を聞くと彼は「今から家を出る」と伝えた30分以上後に家を出たらしいのです。

著者は45分くらい彼を待たなければならないことになり、頭にきて待ち合わせの前に彼に文句をメールで言ってしまいました。そして彼からきた返事は「遅くなり申し訳ありませんでした。京都駅に着いたらそのまま引き返します。」という内容でした。

謝るんだったらなぜ会わないのか、著者には全くわけがわかりません。とりあえずむくれてしまった彼をなだめすかして著者の地元に来てもらって話し合うことにしました。

どう対処したか?

彼の到着後、喫茶店で話し合いをしました。お互い顔を見ると安心して、ケンカ腰にならずにお互い言いたいことを言うことができました。

著者は遅刻自体については前々から彼に不満を漏らしていたので、遅刻をしてはいけないということは彼はわかっているはずです。ですので今回は「家を出るって言ってから、30分以上経って家を出たのならそれを前もって連絡してくれないとわからないよ?」とだけ伝えました。

彼の言い分としては、発端は彼の遅刻ですが、著者が顔を合わせないうちにメールで文句だけを伝えたことがむくれた原因だったそうです。著者が怒った理由も彼に早く会いたい気持ちからですし、彼も同じ気持ちだったからこそ言い訳も聞いてもらえずに一方的に怒られてやるせなかったようです。

そして彼はすぐスネてしまう自分の気持ちをうまくコントロールできないことに申し訳ない気持ちでいっぱいだったみたいです。でも著者は彼のそんなところは嫌いじゃないよと伝えると、彼は著者の目を真剣に見つめて「好きだよ」と言ってくれました。そうやってお互いの素直な気持ちを話し合って許し合うことでさらに仲が深まった気がします。

その日京都でおいしいお茶は飲めませんでしたが、話し合いの後一緒に仲良く焼肉を食べることができました。

トラブルをスマートに解決したい読者へ

怒っても無駄

女性は不満をはきだすことによって解消されます。怒りながら訴えても男性はむしろシャットアウトしてしまいますので、冷静に話すと聞いてもらえやすいです。

相手に時間を与える

男性には時間を与えてあげることで自力で不満を解消できます。今回著者の地元に向かう途中で彼はすでに不満を解消していました。

話をぶり返さない

彼の過ちをたしなめた後は、いつまでもグチグチ言わずに彼を信頼して許してあげることが大事です。

おわりに

ちょっとしたことで怒ってしまってすぐにケンカになるのは、それだけお互いに対する期待や想いが強いからだと思います。寂しかったり、分かって欲しかったり…そんな気持ちが募ると怒りという感情に変換されてしまうものです。

自分や相手に怒りの感情が見えたら、その感情の裏には愛情がいっぱい詰まっているかもしれませんよ。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130425183120 5178f7e8ec7af

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る