生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 春夏の帽子4選 !目的とデザインで使い分ける帽子の種類と用途

春夏の帽子4選 !目的とデザインで使い分ける帽子の種類と用途

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

春夏でも紫外線がすごいですよね。UPF50+という紫外線カット最高峰の生地で作られた帽子や、デザイン重視の帽子の使い分け方を紹介致します。

帽子の種類・ブランド・かぶり心地

トップ画像をご覧いただきながら読んでください。

著者の頭周りは58cmサイズです

1:Athena New Yorkの中折れハット(左上)

いただきものです。2万6千円で買ったそうです。アシーナニューヨークは帽子専門のセレブブランドで、無地のワンピースに似合うような、上品なデザインとフォルムが特徴です。日本のデザイナーがデザインしています。

ストローハットに見えますが、コットンや紙、レーヨンでできています。伸縮性があり、頭にフィットするようなかぶり心地です。つばはほどよく広すぎず狭すぎず、デニムスタイルにも似合いそうです。

おしゃれ専用に使用しています。

2:ユニクロの紫外線カット・リバーシブル帽子(左下)

今季の新作です。ユニクロで1300円ほどで買いました。購入目的は、生地がUPF50+ときちんと明記されていたからです。通常、紫外線を97%遮断するUPF50+の帽子は、安くても3000円以上します。

この帽子はちょっとそこまで、のデイリーユース用の紫外線対策のために購入しました。フリーサイズですが、不思議なことにぴったりと頭に固定され、自転車でも風に飛ばされません。少々こめかみ周辺が窮屈です。

3:サングローブの紫外線遮断・女優ハット(右上)

オーストラリアに本社がある、紫外線カット帽子の最大手、サングローブの日本支店でセール価格3150円で購入しました。

このブランドの商品はすべてUPF50+ですが、オーストラリア皮膚がん財団認定で、オーストラリア政府機関による効能・効果の検査済みという、大変信頼のおける商品を取り扱っています。

著者が購入したUPF50+のつば広女優ハットは、布テープを帽子の形に巻いて縫い付けたような面白いデザインで、黒地に小さなドット柄です。ツバにワイヤーが入っているので、好きなニュアンスに曲げられます。ストレッチが効いていて、まるでニット帽をかぶっているような快適さです。

UPF50+の帽子は紫外線対策として使っています。

4:ノーブランドの布デザイン帽子(右下)

地元のバッタ売り店で500円で購入しました。理由は試着してみたらビックリするほど似合ったからです。本体は綿、ツバのふちは麦わらで編まれています。紫外線防止というよりは、オシャレのために使っています。

被り心地は上記すべての帽子の中で一番頭にちょうどよい、窮屈でも緩くもない、被りながら眠れるほど心地よいです。

ファッションのアクセントのおしゃれに使っています。

おわりに

春夏の紫外線用帽子とおしゃれ用帽子の使い分けを紹介いたしました。

ご参考になれば幸いです。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130424004053 5176ab858484c

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る