生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 喜んでもらうために!昇進・栄転祝いのギフトの選び方

喜んでもらうために!昇進・栄転祝いのギフトの選び方

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

栄転や昇進はおめでたいことです。お祝いをすることに該当をするので、何かギフトを贈るのも良いでしょう。

一体どのようなものを贈ったら良いのか悩んでしまうこともあるでしょう。著者の経験を紹介しますので、1つの例として参考にしてみてください。

長く使える万年筆

万年筆を支社長にプレゼントしました。小さな支社でしたので、人数も10人程度だったのです。保険会社ですので、営業社員と事務職員がいました。著者は事務職員として仕事をしていました。

その支社の支社長が本社の営業部長に栄転するということになり、支社長が普段から万年筆を使っていたことを知っていたので、支社のスタッフ全員でお金を出して購入をしました。

愛用出来るもの

支社長は普段から万年筆を使っていました。今時変わっていると思います。ボールペンのほうが便利ではありますが、万年筆の場合にはインクを詰めるだけで長く使うことができます。

高級感あふれるものもあるので、栄転にはピッタリだと思ったのです。普段から使っているものです。

しかも、それまで使っていたものがかなり古くなっていたこともあり、支社長自身も、「そろそろ買い替えようか」と言っていたことがあったのです。それを覚えていて購入を決めました。

いつも使っているので、ずっと愛用してくれると思い、選びました。

高級感のあるもの

栄転ですから、それなりに良いものを選ばなければいけないと思いました。安っぽいものでは本社に行っても使ってくれないと思ったのです。

昇進をするというのは、ハイレベルなものを持ったほうが見栄えも良くなります。年齢も50歳でしたので、年齢に見合うものを選ぶためには、高級感のあるものを、と思ったのです。

また、10人で購入をするということもあったので、多少高額であっても1人あたりの負担金額はそんなには多くはなかったのです。

身近にあるもの

出来るだけ身近なもの、普段から使うことが出来るものにしました。単純に飾っておくだけのものであったり、商品券など形に残らないものにしてしまうともったいないです。

贈るものですから、普段から使ってもらえるものが良いと思いました。使うたびに、支社で仕事をしたことを思い出してもらうことも可能だと思ったのです。

不要なものよりも使い続けることが出来るもののほうが、喜んでくれると思ったのです。

無駄なものは贈らないこと

貰っても使わないもの、困るものは贈らないようにしましょう。自分がもらって嬉しいと思うものを選ぶようにすると良いです。

また、仕事での付き合いのことですから、仕事に役立つものを選ぶようにすると良いです。相手の趣味趣向を考えて選ぶようにすると良いでしょう。

良品を贈りましょう

万年筆は修理をすることも可能です。最初から不良品というものが全くないわけではありません。キチンと確認をして購入をするようにしましょう。

また、合せてインクをプレゼントするのも良いです。どのインクを使ったらいいのか悩むということもあるかもしれません。だからこそ、インクも一緒に選ぶと良いです。

仕事に役立っているもの

今は別のところで仕事をしていますので、実際に使ってくれているのかどうか、確認をすることはできません。

それでも受け取った時には喜んでくれていました。いつも万年筆を使っていたので、今でもきっと使っていてくれるでしょう。

デザインもシンプルなものにしましたので、流行に左右されずに長く使うことが出来ると思います。

おわりに

万年筆の場合には、その名の通り長く使うことが出来ます。仕事をする上で役立つ物を選びました。

相手との関係性も考えた上で、上司であれば、仕事に役立つもの、普段から使うことが出来るものを選ぶと良いでしょう。

喜んでもらえるものを選ぶことが出来るように、相手の性格なども知っておくと良いのかもしれません。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130421232430 5173f69eee5ac

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る