生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. お開きの時間を決めてほどほどに!飲酒にまつわるトラブルとその対処法

お開きの時間を決めてほどほどに!飲酒にまつわるトラブルとその対処法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

気心知れた人や、これから仲良くなろうとしている人など、みんなで集まってワイワイやる事はとても楽しいですね。

そんな時は大抵、お酒が出ることが多いですが、飲みすぎてしまい人に迷惑をかけてしまうことも。

この記事では、筆者の家で開いたホームパーティーで、参加者が飲み過ぎてしまい、たいへんだった経験と飲酒にまつわるトラブルの回避法を紹介します。

著者がトラブルを経験したホームパーティー

  • 時期:昨年のクリスマス
  • 場所:筆者自宅の10畳ほどのリビング
  • 参加者:筆者家族と筆者のお友達家族(大人4名、子供4名)
  • 会費:1人辺り約2000円+パーティーでのゲーム賞品500円程度

起きたトラブルとその対処法

トラブルの内容

子どもを連れていた参加者の1人が泥酔して、トイレで眠ってしまった。

トラブル発見~収束までの流れ

参加者の1人の女性が焼酎をジュースで割って飲んでいましたが、ジュースが切れると、その女性は、ジュースは無くても大丈夫、とストレートで焼酎を飲み始めました。

酔っている様でしたが、話し方はしっかりしていたので、そのまま皆一緒に飲み続けました。

ですがその後、ふと気付くと先ほどの焼酎をストレートで飲んでいた女性がトイレに行ったまま帰ってきません。

他の女性がトイレに声を掛けに行ったところ返事が無いとのことで、みんなで、トイレのドアを叩いたり、声を掛けたりしましたが、相変わらず返事はありません。

急性アルコール中毒など、良く聞く話です。筆者達は、躊躇無くトイレの鍵をドライバーを使って解錠すると、その女性は膝を立てて仰向けに寝ており、顔一面、吐いた物で覆われてしまっていました。

濡れタオルで女性の顔を拭いてみましたが、顔色は悪くなく、酔っ払って寝込んでしまった様でした。

お子さんも一緒にきていたので、彼女の自宅に電話し、女性のご主人に女性を迎えに来てもらいました。ご主人は、何度も謝りながら、その女性を抱えるようにして、連れて帰りました。

その夫婦の子供達は、筆者の家に泊めることにして事態は収束しました。

その後の雰囲気

とんだハプニングの後で酔いはすっかり醒めてしまいましたが、既に深夜になっており、子供達もいるので飲みなおしというわけにも行かずパーティーはお開きとしました。

後日

あくる朝、昨夜のハプニングの女性の主人が、子供を迎えに来ました。女性は、二日酔いで起きれないとの事でした。ばつが悪そうにご主人は、また何度も謝りながら子供を連れて帰りました。

その後、パーティーの参加者家族とは疎遠になっています。パーティーで起きたことは、筆者としては酒席の上のことなので仕方がないと思っていたのですが、残念な結果となりました。

トラブルを経験して感じたこと

この記事のハプニングが起きてしまった原因は、パーティーの終了時刻を決めず、だらだら飲んでしまったことだと思います。

子供達の就寝時間や、パーティーの片付けを考え、もっと短い時間でお開きにしておけば、何も無かったかも知れません。

ホームパーティーは、ほどよく終了時間を決めましょう。そうすることで、お酒を飲み過ぎることはなくなり、飲酒にまつわるトラブルを避けられると考えます。

おわりに

ここ最近では、宅飲みやホームパーティーで終了時間を厳守する事によってトラブルは起きていません。

むしろ、ご一緒した方達は、名残り惜しさから、さらなるコミュニケーションを求めることが増え、季節ごとのイベントは充実しています。

こちらの経験が何かの参考になれば幸いです。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130422121010 5174aa12b1e5e

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る