生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 着地点から逆算するモテ女子ファッション

着地点から逆算するモテ女子ファッション

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

自分もかわいいと思ってるし、同性からのウケもよいのに、イマイチ男性からのウケが悪いファッションをしてしまうことは、結構よくあることだったりするものです。

男性の女性に対する好みも様々あると思いますが、今回はニッチな好みを狙うのではなく、男性多数派の好みからモテる方法として男性受けのいいファッションを考えてみます。

イメージの着地点を定める

着地点を説明します。

  • 1.自己主張のなさ
  • 2.適度にエロい
  • 3.でも清楚

「1.」は、オレのいうこと聞いてくれそう、とかオレの少しうしろをちょこちょこついてきてくれそう、などというイメージです。「私は、私は」とガンガン自己主張してこなさそうな感じですね。

つまり、男性が自分に都合のよい女性像をかってに投影できる余地を与えることです。

「2.」と「3.」は矛盾しているようですよね。

いわゆる昼は淑女、夜は娼婦という男性の理想像がありますが、モテを意識する場合、絶対に共存させないといけないイメージです。つまり、着地点は適度な露出、ヘルシーなセクシーです。

胸元をさらけ出し、ノースリーブ&超ミニスカに生足にハイヒールという過度な露出はNGでしょう。かと言って、長袖タートルにロングのパンツなどで、顔と手以外、まったく肌が見えないファッションもNGです。

タートルを着たいなら、タートルは半袖にしミニスカートを履きます。鎖骨を出すなら、カットソーは清楚感のある素材にしましょう。露出については、トータルでバランスをとってヘルシーなセクシーを演出するといいと思います。

男性の好む身だしなみやファッション

身だしなみ編

  • ヘアスタイル:ロング、ボブ。ゆるふわ。適度な巻き髪。
  • 髪質:ツヤツヤ。サラサラ。
  • メイク:ナチュラルメイク。
  • ネイル:ナチュラルピンク。ツヤツヤの爪。

ファッション編

  • 色:ピンク、ホワイト、ベージュ。ゆるっとふわっとした色合い。ただし、黒やネイビーを上品に着こなすのはOK
  • アクセサリー:華奢。ポイントを絞ってつけている。
  • 流行感:女性同士からしたら多少やぼったくみえるくらいの流行感

女性と男性では、おしゃれに関する認識がかなりズレています。流行していても男性にはかわいさが理解できないアイテムがたくさんあるので(例えば、レギンスやムートンブーツ、柄パンetc.)、モテを考えるならこれらのアイテムはNGです。

男性が嫌う身だしなみやファッション

身だしなみ編

  • ヘアスタイル:巻きすぎ。ベリーショート。
  • 髪質:ぼさぼさ。ごわごわ。
  • メイク:ばっちりメイク。不健康に見えるノーメイク。
  • ネイル:派手なネイルアート、長い爪。

ファッション編

  • 色:黒づくめ。カラフルすぎる。
  • アクセサリー:ごてごて、つけすぎ。派手な色。
  • 流行感:男性がついていけないくらい最先端。or男性から見てあきらかにわかる流行遅れ。

男性が身につけることができないアイテム

男性は自分が身につけることができないものを女性が身につけているときに、女性らしさを感じるようです。

ワンピース、ロングブーツ、シフォン素材etc.をうまく活用しましょう。

男性の前での身だしなみ注意点

男性が女性を好ましく思う身だしなみは、女性が健康であることをイメージさせるものです。女性の髪の毛がツヤツヤ、さらさら、爪がピンクでツヤツヤなのは、「健康だから」だと男性は本能的にジャッジしているのです。

動物は健康だと、身づくろいをするので、毛もツヤツヤですが、不健康だと毛のツヤもなくなります。動物はあえて、不健康な異性をパートナーには選びません。人間もパートナーとなりうる異性を、健康かどうかを本能的にジャッジしているのです。

ファッションについてのアドバイス

ファッションについては、男ウケと女ウケは両立できないことを頭にいれておきましょう。男ウケを狙う場合、自分の外見が、上述の自己主張のなさ、適度にエロいけど清楚というイメージにどれだけ近づけるかが勝負です。

この際、自身の内面は不問にして(自己主張がなくて、適度にエロくて清楚なんて女、この世に存在しないと私は思います)、コスプレをするつもりで頑張って下さい。

どういうイメージにしたらいいかわからない場合は是非、女子アナを参考にしてくださいね!

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130421004913 5172b8f9e365b
  • 20130419161438 5170eede71bf9

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る