生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 緊張と癒しを意識!彼氏ともっとラブラブな関係になるコツ

緊張と癒しを意識!彼氏ともっとラブラブな関係になるコツ

2013年04月25日作成

 views

愛情とは贅沢なもので「もっともっと」とそれ以上を望んでいくものです。それはお互いの愛情に対する確固とした安心感が持てない、というのも理由の一つなのではないでしょうか。

彼氏が大好きな方なら、どなたもみんな今以上にラブラブになりたいと思う事でしょう。こちらの記事ではもっと彼氏とラブラブな関係になるコツをご紹介します。

目次

ラブラブカップルの極意

  • マンネリにならないような変化に対する努力を常に考えておく
  • 男性が逃げ込めるオアシスになってあげる

共通して言えることは、恋愛感情をより高めるためには何らかのアクションを常にとり続けるが必要だということです。ここにラブラブカップルの極意があるように思えます。

それでは、この極意を頭に入れて具体的にやるべきことを事例をあげて整理してみます。

彼氏にもっと愛されるためにやるべきこと

「愛される」ということは言葉としては受動的な意味を持っています。では、あなたは主体的に何もしなくていいのかといえばそうではありません。恋愛は男女の駆け引きでもあるのです。あなたの方から彼の愛情をより多く受けられる努力をするのが効果的だということは間違いありません。

時にあなたの中の女性を意識させる

恋愛は同性愛を除いて男女の性で成り立ちます。あなたが女性であるということを忘れないでください。男性は時に女性に対して動物としてのメスを求めます。俗な言い方をすれば「フェロモンを感じる」「色っぽい」といった雰囲気です。ただし四六時中彼はそれを要求しているわけではなく必要に応じてです。具体例として、

  • デートの時のファッション、下着、髪型などちょっとエッチな雰囲気を作ってみる
  • セックスでは非日常的ないやらしい言葉を使ってみる

男性からの愛情があったとしても、マンネリ化すると男女の関係には淡白になりがちです。それは恋愛関係にマイナスの影響もあると思います。時と場所に応じてあなたの中のメスを強調してみましょう。

彼氏をもっと愛するためにやるべきこと

異性として彼を愛するだけではある意味底が浅い愛情です。彼にもっと深いところでつながっていける関係を作ることができれば、ラブラブな関係がより強固な穏やかな愛情関係に進化できると思います。

あなたが彼の癒しの場所になる

男というものは女性よりも感情的に蓄積疲労がたまりやすいところもあります。「なんだか最近彼の表情がさえないのでは?」「デート中に彼の口数が減ったのでは?」といった彼の表情をしっかり観察してください。

男性はあなたの中に女性の二面性を求めています。ひとつは先ほど示したメスとしての部分、もう一つは母親のような包み込む優しさです。

気持ちが落ち込んだ時、無条件な女性の優しさは男性にとってオアシスのようなものです。そのような男性の女性に対する二つの欲求を、あなたがコントロールするよう努力してください。そうすればあなた自身ももっと彼との愛情を深く進化させて行くことができます。

彼の愚痴を聞いてあげる(そのような雰囲気に持っていく)

彼が何となく元気がない時、ベッドの中で何も言わず彼の頭をなでてあげましょう。会社のことや、彼の家族のことなど、彼があなたにその原因を話してくるのであれば「うん、うん」と軽く返事だけ返してあげるぐらいでいいでしょう。あまり饒舌に語りかけるのも逆効果です。子供をなだめるような感じがいいです。

手料理で彼をもてなす

男は結婚をしていると一番リラックスできるのは何にも気を使わなくていい家庭なんですね。家の中は社会という戦場からの逃げ込み場所なんです。ただしそこには愛妻がいるというのが前提です。もしあなたがまだ彼と結婚をしていないのだとすれば、その家庭の雰囲気を作ってあげましょう。

あなたの家でも彼の家でもいいです。どちらかの家であなたは腕によりをかけて家庭料理をふるまってみてください。その後は泊まって帰れるのであればもっといいですね。そのような環境の中で彼は大きなやすらぎの気持ちに包まれて、心のリフレッシュができるのではないかと思います。

おわりに

今まで言ってきたことを端的に言ってしまえばラブラブな気持ちを維持していくために必要なことは「緊張」と「癒し」という二つの心の居り場所を常に意識しておくということです

男女の異性としての気持ちの緊張感。社会の中のストレスからくる緊張感を取り去るための女性からの癒し。その両面の使い分けでしょう。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130423101128 5175dfc076700

本記事は、2013年04月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る