生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. オシャレな靴がイッパイ!マレーシアでのショッピング体験

オシャレな靴がイッパイ!マレーシアでのショッピング体験

2013年04月25日作成

 views

お気に入り

海外旅行の目的は観光、グルメ、ショッピング、アクティビティーなど様々ですね。中でもショッピングを目的に行き先を決めるほど、買い物好きの人も多いのではないでしょうか。

著者はどこにでもある免税店で売られているブランドではなく、むしろ地元ブランド派です。日本では買えないオシャレなものを、お得に買い物するのが楽しみで旅行します。今回はマレーシアでの買い物体験を紹介します。

目次

マレーシアへの海外旅行

2011年8月、夫婦旅行でマレーシアのクアラルンプールとペナンに行きました。東南アジアを旅する時には必ずショッピングも日程に入れて、たっぷり時間を取ることにしています。

マレーシアに決めた理由

今回はクアラルンプールに詳しい人からの情報で、「地元ブランドの靴ショップヴィンチはデザインが豊富で安い靴があるから必見だ」と教えてもらいました。

さらにマレーシアは靴天国と言われるらしく、他にも靴ショップが沢山あって迷うほどだとも聞きました。

著者はちょうど夏の時期でサンダルが欲しかったこと、熱い国はサンダルの種類が多くて安いこと、その上円高でもあったのでこれはマレーシアで靴を買うしかないということになり、マレーシア行きを決めました。

現地での旅程を決める前に調べたこと

個人旅行だったので、先にホテルはマレーシアの中心部に事前に予約していました。そこで現地での日程を決める為に、教えてもらったショップの場所を調べました。

人気のブランドらしく、また、クアラルンプールの大きな街にはたくさんショップがあることがわかりました。

そして予約したクアラルンプールのホテルが市街地でショッピングセンターも周辺に多いことから、移動時間はさほど問題ないことも判明しました。

著者の旅先での過ごし方は、足を延ばしてツアー観光する日以外は現地で何をするかどこへ行くかを決めることが多いです。

現地での主な旅程の詳細

ペナン島に3泊

まずペナン島に3泊し、シュノーケリングや世界遺産の街観光、ショッピングを堪能しました。宿泊したのは世界遺産の街ジョージタウンで、ショッピングはガーニードライブにあるガーニープラザに出かけました。

クアラルンプール3泊

クアラルンプールは観光スポットはそれほど多くはなく、主な所は半日くらいで回れます。1日はマラッカへ観光に出かけそれ以外はほとんどショッピングをしました。

最もにぎやかなブキッビンタン周辺にはパビリオン、ロット10、BBプラザなど人気のショッピングセンターがあり、海外の高級ブランドから地元のブランドまで豊富にあります。

かかった費用

航空券、ホテル代、食費、その他で1人およそ13万円くらいでした。

買い物エピソード

旅行した時期はちょうどバーゲン時期だったようで、どの店もセールをしていました。目的の靴ショップヴィンチはペナン島のガーニープラザで1軒目を発見し、さっそくサンダルを買いました。

上の写真の黒のサンダルがそれです。定価53リンギット(約1,378円)の10%オフ、円換算すると1,240円でした。旅行中はずっとこれを履いていました。

クアラルンプールでは行く先々のショッピングセンターにもヴィンチがあり、置いてある商品が違っているとつい入って見てしまいました。

写真の青のバレーシューズは49リンギットの20%オフで約1,000円でした。結局お土産も含めると5回ほど買い物をし、7、8点買って8,000円足らずでした。全てセールなので定価で買うと1万円くらいはしていたはずです。

ブキッビンタンには路面店があり、ここは靴だけでなくバッグなどもあり充実していました。地元の人や観光客が大勢いて、ここでも自分用やお土産用にと数点購入しました。

感想と注意点

余りの安さとかわいさに、余計に衝動的に買ってしまいましたが、思ったより丈夫で愛用しています。カラフルで可愛いものからシンプルで落ち着いたものまでデザインが豊富なので、お薦めです。

ただし熱い国のデザインらしく、派手なものも沢山あり、現地では違和感なくつい買ってしまいそうになります。しかし日本に帰って出してみると派手すぎたという人もいるので注意が必要ですね。

海外では雰囲気に負けてつい衝動買いしてしまうことがあります。衝動買いには注意しましょう。

おわりに

お土産として友人にあげたバッグは非常に気に入ってくれました。選んで良かったと思います。マレーシアは靴天国というのを実感した旅でした。

最近地元ブランドは増えてきて、クオリティも段々高くなっているので旅行される時は是非チェックしてみて下さい。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130421171906 5173a0fa6de92

本記事は、2013年04月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る