生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. シンプルでストレートが一番!最強の告白フレーズ7選

シンプルでストレートが一番!最強の告白フレーズ7選

2016年05月27日更新

 views

お気に入り

はじめに

せっかく好きな気持ちを伝えるなら印象に残る告白にしたいですよね。

こんな言葉で告白されたら女性としてはキュンとしてたまらない!といったような、女性が萌える言葉を7つご紹介したいと思います。これであなたの告白も成功間違いなしかもしれませんよ!

告白の心得

告白はとても大切な場面です。相手にとってはOKでもNGでも一生忘れられないものとなるはずです。人に告白されることなんて相当なモテる人じゃない限り人生で数回ですから。

告白の場面だからこそ堂々と!

ふざけたり、恥ずかしくてハッキリしない態度を取ったり、黙ってしまったりしてはいけません。自分の気持ちを堂々と告白するといった姿が大切です。胸を張るつもりで告白をしましょう。

シンプルな言葉で!

自分の気持ちを言葉で表現するのに、周りくどい言い方は必要ありません。シンプルが一番です。

まわりくどい言い方をしてしまうと、気持ちの本質が伝わらなかったり、「カッコつけた言葉を選んだ・準備に時間をかけた感」があり、良い印象を与えません。

女性がOKしたくなる告白の言葉7選

「好き」

シンプルに気持ちを伝えられることが、女性としては一番嬉しいものです。「好きだ」「好きだよ」が一番響く言葉なのかもしれません。どんな人にでもストレートに一番伝わりやすい言葉でしょう。

どんなシチュエーションでも有効でです。ちょっとした瞬間でも響く言葉ですね。

ただし、真剣に言わないと、LOVEはなくLIKEとして伝わってしまう可能性があります。しっかりと相手の目を見て、まっずぐに伝えましょう。

「ずっと一緒にいたい」

これから先のことも考えて「一緒にいたい」と思ってくれたというのが伝わり、女性にとってとても重みのある言葉です。「ずっと一緒にいてください」というお願いでもいいでしょう。

前から友だちや知人として交流があり、恋人となるための告白といったニュアンスの時に使いたい言葉です。

2人で過ごしてるときに言ってもらえると女性は嬉しいと思います。ふと思った本音のような感じの告白になります。

会ったばかりの人や、相手が自分の全く気がない状態のときに、口にする言葉ではありませんので気をつけましょう。

「○○じゃないとダメなんだ」

「君しか見えていない」「君以外ではダメなんだ」という言葉は、「私だけを見てるんだ!」という表現として伝わり、女性としてはとてもドキドキしてしまう言葉です。

友だちの中のひとり、グループの中のひとり、仲間内のひとり、会社内のひとり…といったようにお互いに知ってる人が多い中で、この人!という相手に有効です。

周囲にはいろんな人がいるけど、やっぱり君じゃなきゃダメという一人だけの特別感が伝わります。

告白というと2人きりのときにするものといったイメージですが、この告白は複数の人がいる場所であっても使える言葉です。

「世の中にはこんなに人がいるけど、君じゃなきゃダメなんだ」という気持ちを強調するには、街の中や普段いるグループ、友だち、学校などといった場所で言ってみるのも効果がありますよ。

ただし、一目惚れなど、相手のことを知らない状況で使う言葉ではないので注意してください。コミュニケーションを取った上で好きになった相手に使いましょう。

「ずっと○○だけを見てたよ」

これも、「自分だけ!?」と印象付けることのできる言葉です。ずっと好きだから見てきたということが伝わる言葉で、女性としてはとても嬉しい言葉です。

周囲に女性が多い環境だったり、仲間や学校、会社など人が多い中で好きになった相手に有効です。2人きりのデート、告白として呼び出した場面などで使いましょう。

2人の環境の中で、他の女性が目に入る環境ではない場合にこの告白をされても「???」となってしまいます。女性が複数いる環境を共にしてきた相手に使いましょう。

「俺の隣にずっといてほしい」

「自分の隣でずっと笑っていてほしい」「ずっと支えていてほしい」「隣にいてくれると自分はなんだってやれる気がする」「隣にいることで安心できる」という気持ちを込めての言葉です。

女性は男性に寄り添っていたいものです。「隣にいて」という言葉はグッときてしまいます。

友だちや知人から時間をかけて、2人の時間を持てるようになった相手に有効です。普段は友だち・知人のひとりといった関係でも良いでしょう。

たくさんの仲間と一緒に過ごした後、2人きりになったときに、この告白をされるとドキッとさせることができますよ。

ただし、まだ友だちとして日も浅い関係だったりする場合はこの言葉は向いていないかもしれません。

「彼女になってください」

女性にとって「彼女になる」というのはとても重要なことです。「彼女になってください」というストレートな告白も女性には響きます。

友だち、後輩、先輩、会社の人、一目惚れをした相手などすべての人に有効な告白です。

話しがあると呼び出して、「これは告白!」といった場面での一言として有効でしょう。

みんながいる前でいっても冗談にしか聞こえません。軽く言ってしまうと、軽い言葉として伝わってしまいます。しっかりと相手の目を見て、真剣に言いましょう。

「付き合ってほしい」

これもストレートな言葉ですが、「付き合って」という言葉は好きな人からもらうととても嬉しいものです。好きになった人がどんな人でも有効な言葉です。

2人きりの空間で真剣に伝えることで伝わる言葉です。「大切な話があるんだ」と切り出すと良いでしょう。

人がいるところや、軽い一言のような感じで会話の途中などに入れてしまうと、ただの冗談に取られたり、そんなことを軽く言う人なんだと捉われます。

きちんと二人きりの空間で目を見て言いましょう。真剣さを伝えることが大切です。

告白に悩む方へ

「告白の場面はどうしよう…」と悩んでしまうものですが、自分の気持ちをストレートに表現することが大切です。どんな演出をしても、どんなステキな場所でも、言い回しが回りくどかったらその告白は失敗してしまいます。

ストレートに自分の気持ちを伝えること、それが告白です。そのストレートさがきっと女性の心に響かせてくれることでしょう。

おわりに

女性はわかりやすくハッキリと言ってくれる男性を男らしいと思うものです。その場面はとても思い出として残るものです。

大切にしたい場面だからこそ、男性が気持ちをストレートに表現して、ステキな告白の場面にしてくださいね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130423112810 5175f1baa5eed

本記事は、2016年05月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る