生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 昼ならでは!昼キャバの楽しみ方

昼ならでは!昼キャバの楽しみ方

2013年04月24日作成

 views

昼に営業しているキャバクラは夜とは違った雰囲気や楽しみ方があります。そんな、昼から楽しむキャバクラの方法を紹介します。

目次

昼キャバの探し方

昼キャバは通常の夜営業のキャバクラに比べると数は少ないでしょう。探しかたとしてまずはキャバクラ雑誌を観覧しましょう。インターネットで「昼 キャバクラ 〇〇(場所)」で検索しても出てきます。

場所は夜営業キャバクラがあるような繁華街に多く見られます。昼・夜問わず場所は同じような場合が多いと言えます。

夜キャバとの違い

女の子の年齢

お店にもよりますが、夜に比べると昼は年齢が高い場合があります。昼間に働けるような既婚者が多かったりします。もちろん一概には言えない部分もありますが、夜キャバクラの方が学生や副業の女の子が多く、年齢が若い感じがします。

お酒

夜キャバクラはお酒を飲みながら話をするという感じですが、昼キャバはお酒を飲まず話を楽しむのが中心な感じがあります。

服装

こちらも一概には言えませんが、女の子の服装が夜のように着飾ったドレスではなくカジュアルな服装が多いでしょう。

店によっては私服が可能な店が多いようです。

昼キャバならではの楽しみ方

話を楽しむ

お酒を飲まないのであれば、話を楽しむ事ができます。 女の子と会話を充実させることにより親密な関係が作れます。

料金

夜キャバに比べると料金システムが安価になっています。場所やレベルにもよりますが、昼であれば夜よりもセット価格が2000円位安くなっています。その為、夜キャバでは高くて出来ない指名や延長なども楽しむ事ができます。

親近感

夜のドレス姿の女の子よりも、カジュアルな格好の女の子の方が親近感もわきますし、恋人や友達のような感じで接する事ができるのではないでしょうか。

アフター

昼キャバ勤務の女の子の大半は送迎がなく、自分自身で帰宅します。キャバクラで意気投合すれば、そのあとに食事などのアフターが可能な確率は高いのではないでしょうか。

注意点

昼間は人目もあります。その為、見られると困る状況であれば入店する際や退店する際に気にした方がよいでしょう。

その他に、夜に比べると女の子の出勤人数も少ないでしょうし、夜のような華やかさに欠ける場合もありますので夜と昼は別物といはう感覚で注意して行きましょう。

最後に

昼キャバには夜では味わえいような空間を味わえます。昼ならではのキャバクラを楽しみましょう。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130424145207 5177730740d0b

本記事は、2013年04月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る