\ フォローしてね /

なぜ用意するの?赤ちゃん用の正月飾りの基礎知識

このライフレシピのもくじたたむ

正月飾りというと、どうしても、しめ縄、門松、鏡餅の三種の神器を思い浮かべる人が多いと思いますが、初めての正月を迎える赤ちゃんのために、
正月飾りを準備し、飾る習慣があります。

今回は、赤ちゃんのための正月飾りについて、紹介します。

正月飾り

初めてお正月を迎える赤ちゃんのために、親戚やおじいちゃん、おばあちゃん、知人などが正月飾りを贈ってお祝いをすることが多いです。

男の赤ちゃんには、破魔矢・破魔弓を

男の赤ちゃんには、破魔矢・破魔弓を贈ります。破魔矢と破魔弓は正月の縁起物として、セットにして贈ることが多いです。生まれた男の子の出生と健康を祝って贈るものです。

昔は、弓の的を「はま」と呼んでいて、そこから「破魔」を当て字として、使ったそうです。

女の赤ちゃんには、羽子板を

女の赤ちゃんには、羽子板を送ります。羽子板で羽根突きをすることで、邪気をはね(羽根)のける子どもになるように、と贈るものです。

元々は、昔の子どもの病気の原因になることが多かった蚊を、とんぼが食べてくれるように、お願いをしたことに始まり、とんぼに似せた羽根を打つ羽根突きが広まったそうです。

飾る時期

毎年、12月初旬の日柄のいい日に飾って、1月の半ばにしまいます。今はケースに入っているものが多いと思うので、その時期だけ押入れから出してくればいいと思います。

地方によって、習慣が違う

地方によって、この習慣がなかったり、旦那側の親族が買う場合と、嫁側の親族が買う場合があります。まずは、夫婦で、そのような習慣があるか、話してみるのがいいでしょう。

おわりに

なかなか、身近な習慣ではないかもしれませんが、頭の片隅においているだけでも、いつか役に立つ日が来ると思います。地方によって必須のところもあれば、そんな習慣あったんだ・・・と思うところまで様々です。

親戚にもらって、よく分からずに恥かしい思いをしないために、さらっと読んでもらえたら幸いです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。