生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 捨てる前に売ってみよう!ネットオークションを副業として活用する方法

捨てる前に売ってみよう!ネットオークションを副業として活用する方法

2013年04月23日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

ネットオークションは、どなたでもすぐ始められる手軽さと、意外と稼げてしまうという面から、副業の第一歩としてオススメです。

今回は著者の体験談からネットオークションのコツをご紹介します。

ネットオークション歴・始めたきっかけ

オークション歴

現在はたまに出品する程度ですが、2003年頃にヤフーオークションに登録し、それから7年ぐらい副業として活用しておりました。

始めたきっかけ

初めは欲しい商品を安く落札する程度の利用でした。

ある日、自宅にある不要な物を処分する際に「試しにオークションに出してみよう」と出品してみたところ、意外なものまで売れてしまったことに驚き、それから色々なものをとにかく出品してみることにしました。

オークションサイトについて

著者が利用したサイト

ネットオークションにはモバオクや楽天オークションなど色々ありますが、著者はヤフオク!を利用しておりました。

ヤフオクの特徴

なんと言っても日本最大のオークションサイトで、利用者数が圧倒的に多くその年齢層も幅広い為、落札される確立がかなり高いのでオススメです!

  • 利用料:月399円
  • 出品手数料:10.5円(10回まで無料、携帯orアプリからの出品は無料)
  • 落札手数料:落札金額の5.25%

ヤフオクで出品から落札、納品までの流れ

STEP1:出品する物を用意する

最初は家の中で捨てられずに眠らせている物から探していくといいです。探すときに大切なのは先入観を持たないことです。

「これは売れないだろう」とあなたが思う物でも、日本全国のどこかに必要としている人がいるかも知れません。

STEP2:写真を撮る

出品する際は写真を載せた方が売れます。オークションに出る商品の大半は中古品ですから、落札者は出品物の状態を知りたいんです。

目立つ傷や使用感がある、などマイナスの印象になる箇所ほど写真で見せた方が買う側も安心しますし、取引終了後のトラブルもなくなります。

STEP3:出品する

ヤフオクの出品はとても簡単です。

  • 出品するカテゴリを選ぶ
  • 商品画像をアップロード
  • 出品価格を決める
  • 出品タイトルと説明文を記入

の手順だけで出品できます。

活用するためのコツ

出品価格

落札者は落札価格の他に送料や振込み手数料などがプラスされますので、それらを考慮した価格に設定してあげると良いです。出品者は落札価格から出品手数料+落札手数料が差し引かれるので、その点も注意しましょう。

価格が決められない時は、同じ物が出品されていないかを先に調べて大体の相場を確認してもいいと思います。

人気商品は1円スタートで入札者を増やし、競争させる方が価格が跳ね上がる場合があります。逆に安く落札される場合もあるので注意が必要です。

落札終了時間は土日や祝日の午後9時以降など、閲覧者が多い時間に設定することもポイントです。

出品タイトル

ヤフオクは検索エンジンでの検索結果でも出品内容がヒットしやすいので、タイトルは商品のキーワードを意識した、商品名や型番などを入れるといいです。

著者はプラスアルファでタイトル文の前後に★マークを入れて目に付きやすいようにしてました。

説明文

説明文は詳しければ詳しいほど良いです。使用期間や傷の程度、商品サイズ、説明書や箱の有り無しなど、買う側の目線で気になるだろう箇所は出来る限り詳しく載せた方が落札者も安心します。

都道府県別の送料などもあると親切ですね。

説明文の最後に決まり文句として「中古品の為、ノークレーム・ノーリターンでお願いします」と記載しておくと余計なトラブルを防げます。

落札後の対応

落札後は迅速に落札者に連絡しましょう。入金先や配送方法などの連絡を出来るだけ早くにしてあげることで落札者も安心します。また、入金を待つまでに、商品を梱包して発送準備をしておくとその後の取引がスムーズに行きます。

入金確認後、発送が完了した後も落札者に発送完了の連絡をします。その際に「商品が無事届きましたら評価をお願いします。」と一言添えます。

出品者の評価は、入札者側の判断材料として重要ですので、良い評価をもらえるように取引完了まで迅速かつ丁寧に対応することが大切です。

どのくらい稼げるのか?

著者は、出品代行もやっていたので月平均で5~6万円、多い時で10万円ぐらい稼ぐことができました。

オークションに向いてる人は?

一度やってみて面白いと感じた人は向いてると思います。

ネットオークションは簡単ですが奥が深いです。楽しいと感じる人は商品の写真の取り方や、説明文の内容、タイトル、梱包の仕方や発送方法など、探求していくことで、より稼ぐことができると思います。

注意点

出品した商品について嘘をつくのはもちろんだめです。

取引が始まったら、迅速かつ丁寧に対応しましょう。

最後に

自分にとって価値の無い物でも、どこかでそれを必要としてる人がいる。オークションは物を大切にしなくなった今の時代には、とても素晴らしいツールだと思います。

初めは家にある不要な物から始めてみてはいかがでしょうか?もしかするとお宝が眠っているかも知れませんよ?

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130420025601 517185312eddd

本記事は、2013年04月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る