\ フォローしてね /

[スノーボード初心者向け]雪山で滑る前の注意事項

スノーボードを楽しむ人が増えてきた昨今、ゲレンデでのマナーが非常に重要になっています。

これから紹介する注意事項を守らないと、他人に迷惑をかけるどころか、あなた自身が危険な事故に巻き込まれたり、怪我をする羽目になってしまいます。

しっかり注意事項を守ってスノーボードを楽しみたいですね。

注意事項1 装備を守る

スキーとも共通する点ですが、スノーボードは転倒などのはずみで外れることがあります。

この外れたスノーボードはどうなるでしょうか?これらはゲレンデを勢いを上げて滑り落ちていくのです。そうなると、滑走中の人や休憩中の人にぶつかりかねません。

そうならないために、スノーボードが外れた場合でも遠くに滑りおちないために足にストラップをはめましょう。

また、スノーボードの板、ビンディングがしっかり固定されているかも滑る前に確認しましょう。

注意事項2 安全にリフトの乗り降りをする

初心者が一番難しいと感じるのがリフトの乗り降りでしょう。乗るのは簡単ですが降りる場合は片足を固定し、片足をビンディングの間に置きつつコントロールしながら滑り降りなければなりません。

これは、何度も練習をするしかありませんが、一番大切なのは後ろからくる人たちの邪魔をしないことです。

リフトは動きつづけていますから、万一あなたがリフトの降車に失敗して転んでのろのろと起き上がっていたら、後ろから次のスノーボーダー達が降りてきてぶつかってしまうことも考えられます。

万一、転んだとしても素早く横によけるなど行動を起こしましょう。どうしても降車に自信がない方はスノーボードを手にもってリフトに乗車することをお勧めします。

しかし、この場合はリフトからスノーボードが落下しないようにストラップをしっかり腕につけるなどの対策を行いましょう。

注意事項3 他のボーダーの邪魔をしない滑りをする

いざ、ゲレンデに到着したら滑りはじめるわけですが、ゲレンデのど真ん中で練習するのは止めましょう。

非常におおくのボーダーがゲレンデを利用します。中級者、上級者は猛スピードで滑走していきますから、ゲレンデの真ん中でのんびり滑っていたら衝突する危険があります。

ある程度のスピードで滑走できるようになるまではゲレンデのはしで練習をするように心がけてください。

注意事項4 座りこまない

最近よくみかけるのが、ゲレンデで座り込んでいるボーダーです。特にリフトの側で座り込むボーダーが多いのですが、この場合もゲレンデのはしによけて座るようにしましょう。

初心者の場合は、ゲレンデの上から下まで非常に時間をかけて滑走します。その場合、途中で何度も休憩をしながら滑るため、ついついゲレンデの真ん中で腰を下ろしてしまいます。

しかし、これも前述した通り、非常に危険ですので座り込む場合はゲレンデのはしまで移動するようにしましょう。

注意事項5 挨拶する

初心者の場合、いくら気をつけても人にぶつかってしまったり、他のボーダーの滑る邪魔をしてしまったりしてしまいます。

そのような場合、一言「すみません」と声をかけるようにしましょう。このような声かけがあれば中級者も上級者も気をつけてあげようと思えます。

無言の場合、邪魔だと言われかねません。常に挨拶を心がけてください。

おわりに

やはり、初心者の場合は中級者、上級者などゲレンデの事情に詳しい人と行くことをお勧めします。

ゲレンデのルールや過ごし方を教えてもらいながら練習すれば、危険な事故に巻き込まれずにすむからです。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。