生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 盗難も損傷も防げる!自転車の保管方法

盗難も損傷も防げる!自転車の保管方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

今回は著者が実践している自転車の保管の方法をご紹介します。

著者の所有している自転車タイプ、スペックの紹介

ラレーCRT・2007年・ティアグラ

いわゆるロードバイクと呼ばれるものです。ペダルはKEO社の物を使用しています。

保管されている状態

使わなくなったマットレスに立てかけています。床にはゴザを敷いています。

物置の大きさは、幅2m50cm、奥行2m、高さ2m程度のものです。マットレスはあってもなくてもいいと思います。

自転車を置いても物置にはかなりのスペースが余りますので、複数台置いたり、ほかの物を置いたりできます。

保管のために必要なもの

こういった物置があれば、それにしまうのがベストです。車庫でもいいでしょう。軽量なロードバイクであれば室内に持ち込んで保管することもできます。

著者が使っているマットレスは、スプリングタイプのオーソドックスなものです。物置はホームセンターで5万円ほどで購入しました。

具体的な保管方法2STEP

STEP1:キレイに掃除する

泥などがついていたら雑巾で拭き、物置にしまいます。

STEP2:物置にしまう

物置に鍵をかけて完了です。

その他、注意すべきこと

タイヤに非常に高圧の空気を入れている場合、真夏の暑い物置の中でさらに空気圧が上昇するとタイヤの寿命が減るかもしれませんので、4気圧くらいに抜いておくといいでしょう。

空気の抜き方

このように、ホイールの「虫」と呼ばれる部分を緩めて、上部を押すことで空気が抜けます。

おわりに

いかがでしたか?大切なのは自転車が人に触られず、風雨にさらされないことです。

人に触れられると盗難や悪戯をされる恐れがあり、風雨にさらされると部品のさびや車体の汚れにつながるからです。

上記の点に注意して、大切な自転車を長く使ってあげてください。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130421145759 51737fe788174
  • 20130415134957 516b86f54df0a
  • 20130415135016 516b8708d66d8
  • 20130417132157 516e23659d1cb
  • 20130417132227 516e2383823b6
  • 20130421145851 5173801bc8c45

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る