\ フォローしてね /

ママ必見!女の子の髪の毛を家でかわいく切るためのコツ

このライフレシピのもくじたたむ

お子さんのヘアカット、どうしていますか?入園前のお子さんだと、まだ生まれてから一度も切ってないという子もいるかもしれませんね。

床屋さんや美容院に行こうにも、怖がる子は怖がるし、子供専用美容院は大人顔負けの価格設定で敷居が高い…。

そんな方必見、家で可愛くカットするコツをご紹介します。

場所

一番お勧めなのはお風呂場です。髪の毛が散っても気にならないし、汚れてもすぐ流せるのでストレスが少ないですよ。

お風呂場はちょっと…という方は、フローリングなど掃除しやすい部屋を選びましょう。

準備

ケープ

今は散髪用のヘアケープが売っています。こういったものを利用すれば、髪の毛が飛散しにくくなるので後片付けは格段に楽になります。もしないようなら、風呂敷やごみ袋で即席ケープにしましょう。

はさみ

やはり散髪用のはさみを用意したいところです。工作用のはさみや100均のはさみよりも格段に切れ味がいいので、繊細なこどもの髪の毛を痛めません。

霧吹き

ドライカットは難しいもの。適度に湿らせて切るため、霧吹きがあった方が便利です。可愛い霧吹きなら、インテリアにもなるのでお勧めです。

切ってみよう

それでは切って行きましょう。準備として、全体を霧吹きで適度に湿らせておきましょう。

STEP1

まず気をつけたいポイントは、こどもの髪の毛は前に向かって生えやすいという点です。生えてくる向きのままにカットすると、前髪がやたら多くなってしまいます。

耳の前から上に伸ばしたラインより後ろの髪の毛は、後ろに向けるようにわけましょう。

STEP2

髪をわけたら、横の髪はピンなどで留めて落ちて来ないようにしましょう。そして前髪から切って行きます。前髪を指で挟んでそろった状態にし、まずは横にカット。

一度に切ろうとすると切りすぎたり、髪の流れによっては前髪が短いと立ってしまう子もいますから、少しずつ様子を見ながら切りましょう。前髪は印象を大きく変えますので、前髪の切り方には特に注意してあげてくださいね。

希望の長さになったら、縦に細かくはさみを入れて、自然な仕上がりにするのがお勧めです。

STEP3

横、後ろは伸ばしている最中なら切らないでいいか…と思う方もいるかもしれません。でも、毛先はやはり乾燥してパサパサしてきますし、不揃いになってきます。

揃える程度には切りましょう。こちらは前髪ほど神経質にならなくても大丈夫。すきバサミがあれば、それを使うのもお勧めです。

おわりに

可愛くカットできたでしょうか?女の子は鏡が大好きなので、鏡を見せてあげて、美容院ごっこのようにしてあげるのも楽しいですよ。

可愛く切れたら、最後にリボンをつけたピンをしてあげたり、いい子にしていたお子さんにもご褒美をあげて、いっぱい褒めてあげてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。