生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 知り合いでない人とのSNSでの楽しい付き合い方

知り合いでない人とのSNSでの楽しい付き合い方

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

TwitterやFacebookなどのSNSでは知り合いではない人とも簡単につながりを持つことができ、コミュニュケーションを楽しむことができます。つながりを持つことは簡単なのですが、仲良くなったり、よい関係を築くのはなかなか難しいと思う方もいると思います。

SNSで知り合いでない人と良好な人間関係を築くのにはどうすればよいのか?今回はその方法を紹介します。

適切な付き合い方

同じ趣味を語り合う

SNSでは実に様々な人が利用しています。それ故に自分がリアルではなかなか話が合わないようなマニアックな趣味を語ることができます。同じような趣味の人を見つけて、話しかけてみることで同じ趣味の話題でコミュニケーションをとれます。

個人的な情報は教えない

リアルでの繋がりがない相手の場合、その人の素性はわかりません。もしかしたら相手は個人情報を悪用するような人かもしれません。そんなことは絶対ないとは言えないのです。実際に被害も報告されています。

ですので、こちらの個人的な情報は絶対に教えてはいけません。電話番号、住所、名前なんてもっての外です。これだけは絶対に守りましょう。

リアルでの人間関係とは違うと心得る

SNSでの人間関係はある意味軽いものです。嫌いになったらブロックなどをすればいいでしょう。また、リアルと同じような親密な関係を築くのは不可能だと思ってください。

ベタベタくっかない

SNSでは顔を合わせずに会話ができてしまいます。それ故に相手の本当の気持がわかりません。相手が何か発言をするたびに、こちらがいちいと反応を返してしまうと、「またこの人か…」と鬱陶しく思われてしまうことがあります。

相手は会話はしてくれるかもしれませんが、情報収集のためにSNSをやっているといった人かもしれません。コミュニケーションを楽しむのはいいのですが、ベタベタと相手に依存するのはやめましょう。

良好な関係を築くコツ

こちらの趣味などを詳しく提示しておく

SNSには必ずと言っていいほど自分専用のプロフィールページがあります。そこに自分の趣味などを詳しく書いておきましょう。

例えば「音楽鑑賞が趣味」とだけ書いていては、「クラシック」なのか「JAZZ」なのか、はたまた「ロック」なのかもわかりませんよね。そこは詳しく「趣味はジャズを聞くことでマイルス・デイビスが時に好きです」と書いておくことで、それを見た人からコンタクトがあるかもしれません。

SNSでは実際に会うことはまずありませんので、趣味が合う相手が一番良好で楽しい関係を築くことができます。

個人情報は書かないようにしましょう。

話せそうな話題には絡んでみる

SNSで人間関係を築くのにはこっちからアクションを仕掛けるのが一番手っ取り早いです。相手が発言している内容に絡めそうであったらこちらから絡んでみましょう。

最初は丁寧に話しかけるといいでしょう。SNSと言っても相手はリアルな人間です。そこはリアルでも必要とされる礼儀が大事です。

絡むタイミングがわからないという人は、「相手が◯◯って楽しいよね」という感じで発言していたら「私もやってるよ!」という感じで相手が共感を得たいような発言で、こちらからも話せそうな内容の時に絡んでみましょう。

逆に相手が話せそうな話題に対して怒っていたりしていた場合は絡まないようにしましょう。こちらが疲れることが多いです。

注意点

SNSで、もしかしたらオフ会のように「リアルで会ってみませんか?」というようなメッセージが送られてくることがあるかもしれません。

しかし大抵相手には下心があるか、なにか思惑がある場合が大半です。そういうメッセージが来た場合にはその相手とは距離を置きましょう。

もし会いたいのであれば、十分気をつけてください。気をつける点としては夜に会わない、なるべく街中で会う、など危険が迫っても大丈夫な時間や場所を選びましょう。

アドバイス

SNSといっても相手は人間です。もしかしたら無礼な発言や接し方をしていませんか?良好な関係を築きたいのならば、礼儀に気をつけて相手を尊重して接しましょう。

どうしても難しくて無理!というのであればそれでもいいじゃありませんか。自分なりのやり方で楽しむのもSNSです。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130414165451 516a60cbb094b

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る