生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 会場が用意した招待状で!自分の結婚式にあった招待状の選び方

会場が用意した招待状で!自分の結婚式にあった招待状の選び方

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

式をあげると必ず作るのが、招待状ですよね。

式場で用意された招待状のデザインを選ぶ際に著者が気をつけたポイントなどを、体験談をふまえてご紹介します。

招待状のデザインを選ぶ時に重視したポイント

著者が招待状のデザインを選ぶ際には以下のポイントを重視しました。

自分達らしいデザインであること

用意されている招待状の中から選ぶ時でも、自分達の普段の雰囲気や自分達の好みを大切にしたデザインにすることで独自性が出ると思います。

広い年齢層の方に好まれるデザインであること

例えば、和と洋のデザインが一緒になったり、派手すぎない飾りをあしらったりしたものであれば、広い年齢層の方に好まれると思いました。

おしゃれなデザインであること

シンプルすぎるものよりも、飾りや柄のあしらってあるものにすることで結婚式にふさわしい華やかさが表れると思います。

結婚式に見合う色合いであること

白や薄ピンクのようにシンプルな色合いのものを選ぶことで、結婚式にふさわしいお祝いの雰囲気を招待状に表すことができると思います。

招待状を選ぶときに外せなかったポイント

招待状を選ぶ際には希望によって様々なオプションを付けることができる場合があります。しかし、著者の場合には費用をなるべく抑えるように気をつけていたので、招待状に様々なオプションを追加するのを避けました。

会場が用意したデザインを選んだ理由

結婚式の準備期間がマタニティウエディングだったため短く、自分達でデザインを探したりする時間がなかったため、会場が用意したデザインの招待状を使いました。

どんなデザインを選んだか

白色のシンプルなもの

結婚式=白のイメージがあったので、見た目から結婚式であることがわかるような色にしました。また、シンプルな色合いだったのも理由の一つです。

バラの絵がワンポイントはいったもの

ワンポイントでバラの絵が入っていたので上品に見えましたし、広い年齢層に好まれるデザインだと思ったので選びました。

厚紙素材のもの

雨に濡れたり、破れたりしてしまうことを想定して、耐久性のある厚紙素材のものを選びました。また、丈夫な素材のものならば、式が終わっても保管ができると思ったことも理由の一つです。

デザインを選ぶコツ

招待状のデザインを選ぶときには、自分達の好みばかりで考えるのではなく、招待客の手に渡ったときに、素敵な招待状だなと思われるものを選ぶと良いと思います。

また、式が終わっても保管ができる丈夫な素材を選ぶことで、いつまでも残しておくことの出来る招待状にすることが出来ると思います。

会場が用意したデザインを使うメリット

時間がかからない

式場の見本通りに作ってもらったため、相談する時間が省けるので準備する時間がかからなかったです。

選びやすい

準備されているものは結婚式に合うデザインになっているため、自分達で一から「どんなデザインがいいのだろうか?」と悩まないで済みました。

会場が用意したデザインを使うデメリット

オリジナリティに欠ける

招待状は見本のまま作ってもらったので、自分達の写真などを入れたりすることが出来なかったです。

招待客の印象に残る招待状が作りにくい

オリジナリティに欠けることと似ていますが、自分達の全ての要望を叶えた招待状を作ることが難しいので、招待客の印象にも残りにくいものになってしまう場合があります。

結婚式後の感想

結婚式場で用意された招待状で招待した著者達でしたが、式を終えた後には、親戚からも友達からも「招待状素敵だね。」と高評価をいただきました。

未だに部屋に飾ってくださったり、残しておいてくれる親戚や友達が多いので、相手の手に渡った時のことを考えたり、保管しやすい素材にしてよかったと思いました。

おわりに

皆さんも是非、自分たち、そして相手にも合った招待状を選んでみてくださいね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130418143316 516f859cf342b

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る