生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 大分のお土産ならコレ!おすすめ3選をご紹介

大分のお土産ならコレ!おすすめ3選をご紹介

2013年04月21日更新

 views

お気に入り

はじめに

生まれた時から大分に住んでいると、なじみが深すぎてしまう大分土産ですが、大分県外から来た人に評判がいい大分土産を紹介していきます。

代表的な大分土産って何だろう?

大分を代表するお土産、と言われても、お隣福岡の辛子明太子や熊本の辛子れんこんのように、すぐに出てくる人は少ないかと思います。大分のメジャーな名産としては、しいたけやかぼすあたりでしょうか。ご当地キティちゃんなども、かぼすやしいたけがくっついた物が多いです。

酒飲みならば「二階堂」「いいちこ」に代表される麦焼酎があります。また「水曜どうでしょう」のファンには、竹田の姫だるまが知られています。

おすすめな大分土産3選

1:ざびえる

大分県にずっと住んでいると、あまりにありふれている「ざびえる」。会社の倒産で一時期消滅していた時期がありましたが、今は「ざびえる本舗」が作っています。金と銀の包みのものがあり、ビスケット生地の中に銀は白あん、金はあん+ラムレーズンが入ったお菓子です。

県外にお土産に持っていくと、すごく喜ばれます。黒くてフサフサの箱と、和洋折衷の味が珍しいようです。「ざびえる」と「瑠異沙」のセットもおすすめで、瑠異沙とはホイル焼きのような珍しいお菓子です。ともに1個100円程度で、6~30個入りで売られています。

大分県内のお土産屋や大きめのスーパーなどで簡単に手に入ると思います。

2:荒城の月

ふわふわした白い淡雪の中に餡が入っており、食感が楽しいお菓子です。冷やすとよりおいしいです。結構珍しがられて、喜ばれます。小麦粉生地の丸い皮を半分に折って餡を挟んだ「三笠野」とセットになったものも多く発売されています。荒城の月も三笠野もひとつ120円程度で、3~30個程度入りで売られています。

但馬屋と川口自由堂から発売されており、2つを食べ比べてみるのもいいかもしれません。竹田市のお菓子ですが、大分駅などでも手に入ります。

3:壱万円の里

さらにインパクトのあるお土産をお探しなら、壱万円の里はいかがでしょうか。一万円札の模様のせんべいです。中津の福沢本舗で作っています。

一万円札の福沢諭吉が大分県中津出身ということがあり、一万円札が聖徳太子から福沢諭吉に変わった時に登場しました。2枚入りの個包装×5で1,050円とのことで、中津市では手に入ると思いますが、大分市では最近見ていない気がします。

おわりに

ざびえるはどんな場面でも喜ばれるので、筆者は困ったらざびえるを持っていきます。子供向けなら、大分を代表するゆるキャラの「めじろん」や「カボたん」のお菓子もおすすめ。お菓子以外では、辛口の調味料のゆずごしょうや「かぼすこ」も評判がいいですよ。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130416162925 516cfdd5163f2

本記事は、2013年04月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る