生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3. 子供の髪の毛を自宅で切る時のコツ

子供の髪の毛を自宅で切る時のコツ

2010年11月19日作成

 views

子供の散髪代もばかになりませんよね。床屋さんとか子供も嫌がるし。それなら自宅で切ってしまえ、と、思ってらっしゃる方も多いと思います。

でも素人だからザンバラなヘアスタイルにしてしまうのも可哀想。そこで子供の髪の毛を自宅で切る時のコツをいくつか書き出してみました。

目次

用意するもの

  • 髪切りハサミ
  • スキハサミ

直線的に切れるハサミと、スキハサミと二本用意しましょう。

大人用としても使えるプロ仕様のハサミは、慣れないと皮膚を傷つける危険性もあるし怖いかもしれません。仕上がりや使い勝手よりも安全性を求めるなら、子供用の髪切りハサミを用意しましょう。

やり方

一気にバッサリやろうとすると失敗の元です。散髪は少しずつ、様子を見ながら行うと失敗が少なくなります。髪切りハサミとスキハサミを上手に使い分けて行いましょう。

プロに切ってもらったら、伸びすぎないうちに手を入れておくのも手です。伸びすぎてしまうと、どこから手をつけていいか分からなくなりバッサリいきたくなりがちです。

バッサリやられると、子供もショックを受けて泣いたりしますから、少しずつ切った方が良いと思います。長い部分を少しずつ切ることで練習もできます。

小さな束に分けて考える

髪の毛を切り始める前に、どんな形にしていくか計画を立てましょう。細かく束にしてヘアピンで上げるなどして切る準備をしながら目安をつけていきます。

耳やあご、首の位置など目印になるポイントを作っておきましょう。

髪の毛は逃げる

髪の毛は直線的に切ろうとすると刃先から逃げて変な形に切れてしまいがちです。

小さな束にして、少しずつ切りましょう。直線に切ろうと思うときには、少し斜めに切るようにすると滑った分が補正されて真っ直ぐにしやすいです。

気持ち斜めに。長めの所で練習しながら短くしていくとコツが掴めてくると思います。斜めにする方向は、利き手や切る場所によって変わってきます。

スキハサミから始めるのも手

髪切りハサミでパッツンと切っていくのは高度な技なので、スキハサミを使ってボリュームを取る所から始めるのも手です。

全体にボリュームを落としてから、直線を作りたい部分だけ髪切りハサミを入れて整えます。

おわりに

髪の毛を切るときに、なかなか子供は大人しくしていてくれません。耳を切ったりなど怪我をさせる場合もありますから、消毒薬などを用意してから髪切りにかかると良いでしょう。

いざという時対策にもなりますし、子供も危険を感じて少し大人しくなります。

プロに切って貰うときに、どうしているかを観察しておくのも役に立ちます。

本記事は、2010年11月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る