\ フォローしてね /

安いワインを美味しいカクテルに変身させる4つのレシピ

渋い赤ワインや、ちょっと酸っぱい白ワイン、ほとんど風味の無いはずれワインなど美味しいワインもあれば、ちょっと残念なワインを買ってしまうことがあるのも事実。

赤ワインはシチューに、白ワインはマリナーラなどに使えばいいのですが、なかなか手の込んだ料理をするのもしんどい・・・それにせっかくだし心地良く酔いたいですよね。

そこで、口に合わないワインを買ってしまったときにお勧めの、ワインを美味しく飲む方法をお教えします。

ワインを一手間かけて色々と美味しく飲むコツ

トールグラス等にワインとジュースやサイダー等を入れて、軽く混ぜ合わせます。

割合としては基本的には1:1がお勧めですよ。

用意するもの

ジュースやサイダー等のソフトドリンク
ワイン 

オススメレシピ

折角ですのでお勧めの組み合わせを紹介します。

スピリツァー

甘めの赤ワイン + 三ツ矢サイダーなどの透明な炭酸ジュース

ワインの風味が残った甘めのスパーリングワインとして楽しめます。色も綺麗ですよ。

ティツィアーノ

酸味のある白ワイン + グレープジュース

甘酸っぱいすっきりとしたワインに変身します。

口当たりも良いですが、ビールと同じくらいのアルコールが入ってるための見すぎには注意を。

ワインクーラー

渋い赤ワイン + オレンジジュース

オレンジジュースはあまったるい安い物のほうが美味しかったりします。渋さと甘さがあいまって新鮮なオレンジを食べているような気分になれますよ。

キール

そのほかすべてのワイン + カシスリキュール

カシスオレンジやカシスグレープフルーツなどにつかわれるカシスリキュールを、ワインで4倍くらいに薄めるだけでこれまたおしゃれなカクテルにはやがわりします。

甘みは増しますがアルコール分はかわらないので少しだけお酒が飲みたい方にはお勧めです。

カクテル?

このようにワインをソフトドリンクで割ったりすることで、すぐにカクテルに早変わりします。

この方法で安いワインを手軽に楽しめますので、ぜひ一度お試しください。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。