生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 似合う服装が一番!男性にウケる好感を持たれるファッション

似合う服装が一番!男性にウケる好感を持たれるファッション

2013年04月19日作成

 views

ファッションは自分の個性を表現するものです。できれば自分の好きな服装を楽しみたいですが、男性からモテる服装・モテない服装があるのも事実です。モテる方法として、ファッションを考えることも大切です。

この記事では、男性に好感を持たれやすい服装についてご紹介します。

目次

男性が嫌がるファッション

体型に合っていない服装

男性は女性のファッションには疎いものです。今年流行っているものを着ているから良い印象を受けるというわけではありません。

ただ男性は「体型に合っていない服装」にはとても敏感です。

例えば、ぽっちゃりしているのにスキニージーンズやぴったりとしたTシャツなどを着てると、「なんでわざわざ太って見える格好をするんだろう?」と疑問に感じるようです。

逆にほっそりとした背の高い人が大きめのパーカーやダボっとしたデニムなどを履いていると「スタイルがいいのにもったいないな」と思うようです。

男性は服そのものではなく体型などの方に目がいくので、スタイルが悪く見える服装はあまり良い印象ではありません。

街中で目立つファッション

男性はファッションやアパレル関係の仕事をしていたり学校に通っていない限り、「服装で目立ちたい」とは思っていません。

男性同士でもみんなの目を引くような格好よりも、目立たないけれどよく見るとこだわっているような格好の方が「あの人はおしゃれだな」と思われやすいです。横を歩く女性にも同じことを求めます。

女性は割と人ごみの中でもパッと目を引くような目立つファッションをした同性を見ると「おしゃれだな」と思うようですが、男性は真逆です。街中で目立つ服装をした女性とはあまり一緒に歩きたくないのです。

具体的には、白に近い金やカラフルな髪色、ビビットな色合いのメイク、原色だらけのコーディネートなど、色合いが派手なファッションです。

また、最新ファッション雑誌に載ってたりモデルが着ていたりはするけれど、まだ一般には浸透していないファッションも敬遠されがちです。

男性は基本的にファッションに対して保守的です。
ひとつひとつは地味でもごちゃごちゃと小物を使いすぎていると「悪目立ちしているな」と感じられてしまうかもしれません。

「ダサかわ」ファッション

近年、女性の間では「アラレちゃんメガネ」と言われる四角くて大きなメガネや、足首丈ソックス、ケミカルウォッシュのデニムジャケットなど、「ちょっとダサいけどそれが可愛い」というようなファッションが流行しています。

女性から見ると似合っていればとてもおしゃれで可愛いですが、男性にしてみるとまったく理解できないようです。「ダサくてかわいい」ではなくただ単に「ダサい」や「コスプレみたい」と感じるようです。

先ほど挙げた例だけでなく、チークを濃いめにまん丸く入れたり、二つ結びの三つ編みや、ボーイズライクなファッションなどもあまり好まれません。

男性に凝ったファッションは通用しません。

男性が好むファッション

スタイルが良く見える服装

男性は服装よりも体型に目が行きます。なので、自分自身の長所を活かし、短所を隠すような服装を心がけましょう。

背が低くぽっちゃりしているならば、あまりぴっちりとしていないワンピースを着たり、小物で重心を上に見せたりしましょう。

もしもスタイルが比較的良いならば、思い切ってTシャツにスキニージーンズなどごくシンプルな服装をしてみましょう。

胸が大きいからといってやたらと胸を強調するのは逆効果です。

シンプルな服装

男性は基本的に「シンプルイズザベスト」という考えの人が多いので、あくまでシンプルな服装にするように心がけましょう。

全身柄ものだったり、ワンピースやロングスカートなど面積が大きいものに柄が入っているようなファッションは避けましょう。

無地のシンプルなデザインのワンピースや、カーディガンに膝丈のスカートなどが好印象です。

柄ものは全身で1アイテムに抑えるのが無難です。

こだわりの見えるファッション

基本的に流行には無頓着な男性ですが「質が良い物」を好む人が多いです。「地味ならなんでもいい」というわけではありません。

ただのTシャツにジーンズだけれどこだわりのブランド物だったり、何気なく持っているカバンや靴の質が良かったりすると「この人おしゃれだな」と思ってもらえます。

「モテると思って着ている」「流行っているから着ている」ということが見えてしまうと、どんなに素敵なファッションでもあなたの魅力には繋がりません。

シンプルだからこそ質の良し悪しが分かってしまうものです。質には気を付けましょう。

注意点とアドバイス

「これさえ着ていればモテる服」は存在しない

「モテファッション」というと、パステルカラーのアンサンブルニットや白い膝丈スカートなどいわゆる「清楚系」のようなイメージが浮かぶかもしれません。

しかし、それさえ着ていれば誰でもモテるということではなく、似合っていないのに無理にそんな格好をすれば逆に「あいつはモテようとしていて嫌だな」と思われかねません。

「自分に似合う服」を着るのが一番の「モテファッション」です。

靴とカバンに気を遣う

男性は、そこまで女性の洋服の値段は気にしていません。ファストブランドでも古着でも、似合っていれば値段は関係ないと思っています。

しかし、靴とカバンは別です。

靴やカバンは安いとすぐボロボロになってしまいます。本人はあまり気付いていなくても他人から見ると意外と気になるものです。

靴やカバンは毎日使うものですから、多少値が張っても良い物を使うようにしましょう。男性もきっと気付いてくれるはずです。

合皮の靴やカバンを嫌う男性は多いです。時間が経つと合皮なのか本革なのか一目で分かってしまいます。気を付けましょう。

相手と同じ雰囲気の服装をする

あなたに意中の男性がいてその人に印象の良いファッションをしたい場合は、その男性と同じような雰囲気の服装をしてみましょう。

彼がジーンズにTシャツなどのカジュアルスタイルならばあなたも同じようにカジュアルな服装をしましょう。

同じくシャツにチノパンのような少し綺麗めな服装ならば、シンプルなワンピースなど大人っぽい服装を心がけましょう。

「一緒に色々なところに行けそうだな」と感じてもらうことが大切です。

ヘアアレンジ、メイクは控えめに

最近では凝ったヘアアレンジをしている女性も増えていますが、男性はスタンダードな髪型を好みます。

ポニーテール、ハーフアップ、低めのお団子ぐらいのバリエーションしか男性は分かりません。それ以上に凝っていても「すごい髪型だな」ぐらいにしか感じない男性も多いです。

メイクも同じです。あまりにギラギラしたメイクをしても「メイク濃いな」としか思いません。色味をあまり使わず、上手く自分の顔の欠点を隠すようなメイクをしましょう。

おわりに

ほとんどの男性はファッションそのものには興味はありません。「今年流行のファッションをしよう」などと思わずに、あなた自身を美しく見せてくれるような服装を心がけてみてください。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130416172004 516d09b44ca38

本記事は、2013年04月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る