生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 敷きパッドを選ぶときのポイント

敷きパッドを選ぶときのポイント

2013年11月02日更新

 views

お気に入り

はじめに

皆さん、ベッドパッド・敷パッドを購入する際にこだわりはありますか?著者は些細なことではありますが、それなりにこだわって購入しています。

今回はそんな「敷きパッドを選ぶときのこだわりポイント」を書いていきたいと思います。

著者が持っている敷パッドについて

  • 購入先:イオンデパート
  • サイズ:縦205cm×横140cm
  • 素材:ポリエステル80%・ナイロン20%
  • 価格:2980円
  • 購入時期:2013年4月

敷パッドの選び方

冷却効果

暑い夏は、クーラーを使う頻度を減らして節電を心がけたかったので、冷却効果が施されているものを選ぶようにしました。また、夏以外の季節でも裏返せば使えるというのも選ぶ際の重要なポイントです。

防水加工

著者には2歳になる娘がいますが、同じ布団に一緒に寝ています。現在オムツトレーニングの最中なので、おねしょされても、敷布団まで浸透しないように防水加工がされているものを選びました。

サイズ

二人で寝るので、敷布団のサイズも大きいものにしています。そのため敷パッドもそれに合ったサイズのものを買うため、ダブル用の大きいサイズのものを選ぶようにしました。また、著者も娘も寝相が悪いこともあって、サイズが大きいことは必須条件です。

敷きパッドによっては洗濯機で洗えないものもありますので、購入する際は表示の確認もしましょう。

おわりに

今使っている敷きパッドの良いところは、気温の変化に合わせて裏表リバーシブルで使い分けることができるので、オールシーズン使うことが可能なところです。

また、防水加工が施されているので娘のおねしょにも安心ですし、洗濯してもすぐ乾いてくれるので冬場などは助かってます。

このように、自分にとって必要な条件から選ぶようにすると良いものに出会うことができると思います。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130416125922 516ccc9adbb4b

本記事は、2013年11月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る