生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 全自動洗濯機(乾燥機能なし)を選ぶときのポイント

全自動洗濯機(乾燥機能なし)を選ぶときのポイント

2013年04月18日作成

 views

普段の生活において欠かすことのできない洗濯機。少しでもいいものを選びたいものですよね。そこでこの記事で洗濯機を選ぶためのポイントを紹介していきたいと思います。

著者が持っている全自動洗濯機について

  • メーカー:SHARP 型名ES-GE70L
  • 価格:40000円程
  • 購入時期:2012年4月
  • スペック:Ag+イオンコート機能付き。Ag+(銀)イオンの力で除菌し、部屋干しなどの気なる匂いの発生を抑えます。

全自動洗濯機の選び方

ポイント1:毛布やカーペットの大物が洗えるもの

著者の家には小さな子供がいるため、食べ物や飲み物などをこぼしたりしてカーペットが汚れやすいので、そういった大物サイズのものが洗えることが重要です。また、洗濯の量も毎日多いため、洗濯重量が8kgまでできるものを選びました。

ポイント2:洗剤ケースが付いているもの

以前使っていた洗濯機には洗剤ケースがついておらず、洗濯槽の中に直接洗剤を入れていましたが、粉末洗剤だと溶けきれず、衣類に洗剤の塊がついてしまうことがあったので、洗剤ケースが付いているものを選ぶようにしました。

ポイント3:ロック機能が付いているもの

著者の子供は現在まだ2歳なので、洗濯機にはまだ手が届きませんが、後々のことを考えると、万が一洗濯機の蓋を開けたりしたら危険なので、洗濯中蓋を開かないようにロックできる機能がついているものを選びました。

以前使っていた洗濯機は洗濯重量が6kgのものでしたが、洗濯の量がどうしてもそれ以上に多かったので、オーバーして無理やり洗っていたら、3年程で壊れてしまいました。なので洗濯量が多いご家庭では洗濯重量が大きいものを選ぶことをお勧めします。

おわりに

現在使っている洗濯機のおすすめポイントはカーペットや毛布などもキレイに洗うことができるところです!とても便利で楽です!

洗剤ケースについては、直接入れないことで衣類に付くのを防ぐだけでなく、最も効率良いタイミングで洗剤を混ぜてくれるようで、以前の洗濯機と比べて汚れの落ち方もよく、洗い上がりの香りも残りやすくなりました。

皆さんも是非満足のいくものに出会えるように、じっくり探してみてください。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130416040830 516c502e14b23 thumbnail

本記事は、2013年04月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る