生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. できれば新鮮で美味しいものを食べたい!おいしいアンコウの見分け方

できれば新鮮で美味しいものを食べたい!おいしいアンコウの見分け方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

皆さんはアンコウを買うときに、どんなところにポイントをおいていらっしゃいますか?できれば新鮮で美味しいものを選びたいものです。

ここでは著者がポイントにしている、おいしいアンコウの見分け方をご紹介します。

アンコウのミニ知識

アンコウ鍋の原型は、漁師さんが考えついた「どぶ汁」というもので、昔、アンコウは売り物にできず、アンコウから出る水分と白菜から出る水分だけで、水を一切使わない味噌仕立ての鍋料理だったそうです。

アンコウの旬は冬で、大きく7つの部位が知られています。「アンコウの七つ道具」と呼ばれていて、どれも美味しい部位で、鍋には欠かせないものです。

「アンコウの七つ道具」

  • 柳肉(身肉、頬肉)
  • 水袋(胃)
  • キモ(肝臓)
  • ヌノ(卵巣)
  • えら
  • トモ(ヒレ)

よいアンコウを見分けるポイント

ポイント1:産地で見分ける

福島県、茨城県、千葉県、山口県、熊本県が主な産地で、福島県のいわき市と茨城県の大洗が有名です。

ポイント2:魚体で見分ける

大きいほうがよいです。おおよその大きさは1~1.5mくらがよいでしょう。また、全体にヌメリがあって光っているものを選びましょう。光沢がなく、ブヨブヨしたものは鮮度が落ちています。

アンコウの大きなものは、お持ち帰りが大変なので、お魚屋さんで捌いてもらうのがよいです。

ポイント3:臭い

魚独特の生臭さがありますが、生臭さが強かったり、ちょっと異臭がする場合は、鮮度がかなり悪く、ひどいときは食べられません。

ちょっとアドバイス

キモは白色に近い薄いピンク色がよく、身肉は透明感がある白っぽいピンク色がよいです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?著者はアンキモが大好きですが、高級品なのでめったに食せませんが、キモ抜きでもお鍋は美味しいものです。新鮮で美味しいものを選びましょう。

この記事で参考にしたサイト:ウィキペディア「アンコウ」

(photo:IMG_0041 by tanahara)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130415181152 516bc45848ca2

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る