生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 失敗しない!会葬お礼品を選ぶ時の覚えておきたいポイント4つ

失敗しない!会葬お礼品を選ぶ時の覚えておきたいポイント4つ

2013年04月17日作成

 views

会葬お礼品とは、香典を頂いた方すべてに渡す物になります。ここでは、著者が義父の葬儀の時に選んだ会葬お礼品について紹介します。

葬儀・告別式について

  • 故人:義父
  • 喪主:義母
  • 場所:斎場
  • 参列者:会社関係、親族で50名
  • 会葬御礼品:静岡茶(1050円)

葬儀・告別式の会葬御礼品を選ぶときのポイント

ポイント1:値段

会葬お礼品は、通夜、葬儀に来てくださった方だけではなく、香典を頂いた方(代表者が5人分持ってきたら、5人分)全員に渡す物です。

著者の義父は会社経営者でしたので、多くの方が香典を持ってくるのではないかという葬儀社の方のアドバイスもあり、高すぎず、安すぎない物を選びました。

高額な香典を頂いた方には、四十九日後に別に香典返しを送りました。

ポイント2:日持ちする物

葬儀が終わっても、香典を持って自宅に来てくださったり、著者たち夫婦の友人から香典をもらったりするかもしれないということで、しばらくは自宅に置いておく事が予想されましたので、日持ちする物を選びました。

ポイント3:かさばらないもの

先ほどのべたように一人で複数の香典を持ってくると、一人で会葬お礼品を持ち帰らなければなりません。そうなったときに、かさばらない物、重くない物を選びました。

ポイント4:人気の物

もらっても好き嫌いが分かれる物ではもらった方も困るだろうということで、葬儀屋さんがお勧めしているものを2、3個あげてもらい、その中から選びました。

おわりに

会葬お礼品は葬儀後にも渡す可能性がありますので、なるべく日持ちする物がいいかと思います。また、会葬お礼品は香典と引き換えに渡しますので、足りなくなると、かなり失礼になってしまいます。予想される人数よりも多めにお願いしておく方がいいでしょう。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130415150105 516b97a1babc0

本記事は、2013年04月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る