生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. デート中のトラブルに、スマートに対処する方法

デート中のトラブルに、スマートに対処する方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

ある程度お互いのことが分かっていて、お互いとの関係や距離感も掴めているカップルであれば、デート中にちょっとしたトラブルがあったとしても問題なく対応できるでしょう。

しかし、1~2回目のデートだったり、お互いのことがまだよく分かっていない段階でのデートでは、様々なトラブルが発生し、それが大きな問題に発展してしまったりします。

そこで、デート中に起こりがちなトラブルとその対処法について考えていきましょう。

デート中にありがちなトラブルと、その対処法

食事の好みや食べたいものが合わない

イタリアンを食べに行こうと思っていたら、「重たいものは食べたくない」と言われたり、あなたはしっかり食事をしたいと思っているのに、相手から、「あまりお腹が減っていない」と言われたり。

そういう時、お店を予約していない場合は彼女の意思を優先しましょう。そのために、デート前にはいくつかの選択肢を用意しておく必要があります。めんどくさい話ですが、これをやっておくとあなたの株はグッと上がります。

お店を予約していて、キャンセルも出来ない場合は、行った上で彼女の意思に添えるものを捜してみましょう。

彼女が疲れてしまった、元気がなくなってきた

男性、特に若い男性は体力がありますので、自分の体力に合わせたデートコースを作ると、女性にとっては結構ハードだったりすることがあります。

そういう時は、デートコースを柔軟に変更することが必要です。少しカフェで休む時間を作ったり、歩いて移動する予定だったところをタクシーにするなど、彼女が疲れすぎてしまわないように工夫しましょう。

また、デートコースを考える際に、彼女の体力面も考慮した計画を立てることも重要なポイントです。

予定外のことが起こってしまった

見に行こうと思っていた映画が満席で入れない、行こうと思ったお店が定休日だった・・・など、予定外のことが起こることはよくあります。そういう時は、早めに代替案を提案しましょう。

映画であれば、別の映画を見に行くことにしたり、次の回の座席を予約しておいて、その時間まで時間を潰す。行こうと思ったお店が定休日だった場合は、できるだけ移動時間が少なくて済む別の店に行き先を変更します。

いずれの場合も、できるだけ彼女に選択肢を提案し、選んでもらうようにしましょう。「どうしようか?」というのは、相手を尊重しているようで、単に丸投げしているだけです。

スマートなのは「AとBがあるけど、どっちがいい?」と、こちらで選択肢を用意して、相手に決めてもらうこと。こちらがリードしつつも、相手に選択権を委ねることで、リードしながら相手の意見を尊重するという形になります。これなら、相手が不満を感じることは少なくなるはずです。

デート中のトラブルに備える心構え

デート中のトラブルに備えるには、そもそもデート前の事前準備を十分にしておくことです。お互いのことがよく分かっていない段階では、基本的に男性が女性をリードするものです。その段階で、全くのノープランでデートに臨むのは、彼女との関係を進展させる気がないと思っている事と同じです。その時点で、彼女はあなたに対して幻滅してしまいます。

一方で、あまりプランをがちがちに決めすぎるのもNGです。大まかな計画だけ立てておいて、「この後、雰囲気のいいカフェに行くか、ぜんざいのおいしいお店に行こうかと思うんだけど、どっちがいい?」など、彼女の意見を取り入れられる余地を作っておくと、デートの満足度が非常に上がります。

トラブルが発生した場合も同様で、あまりキッチリ予定を組みすぎていると、予想外の事態に対応できません。ですから、何かあっても良いように、色々な可能性を想定して準備をしておくことが大切です。

おわりに

デート中のトラブルには「臨機応変」に対応すべきですが、それが出来るのは事前準備をしっかりとしているからに他なりません。

トラブル時には、あなたが解決策を考えて対応するのが基本です。しかも、解決策を複数用意しておいて、彼女に選んでもらえるようにすると尚スマートです。

面倒くさいと思うかもしれませんが、まだ関係の浅いカップルでは必要なことです。お互いのことが分かってくれば、相手の好みや行動パターンも分かってきますから、自然とそれに合ったデートになっていくものです。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130414195721 516a8b9143c22

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る