生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 一目で何があるか把握できる!おかずが少ない時の配膳方法

一目で何があるか把握できる!おかずが少ない時の配膳方法

2013年11月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

今回のテーマは、おかずが少ない時のきれいな配膳方法ということで、その時の自分流の配膳方法を紹介したいと思います。

料理

  • 上段左側:ライス
  • 上段中央:お茶
  • 上段右側:味噌汁
  • 下段中央:五目豆の煮モノ

となっています。

配置

配置の原則は「逆三角形」です。今回は上段左側にライスを、中央側にお茶を、右側に味噌汁を、下段におかずを配置しました。

お茶を上段中央側にした理由としては、お茶は食事の中で1番の中心的存在であること、ライスの器と汁モノの器の大きさは比較的近いので、左右において見た目のバランスをとった結果であります。

ただし、逆のほうが器を動かしやすいと判断するなら、左右を入れ替えて配置しても構いません。

心がけ

一目ちらりと見ただけで、どこに何があるかすぐに把握できるよう、極力コンパクトにしてバランスのいい見やすさを追求するようにしましょう。

注意点

今回の基本配置ではスープとお茶を上段側にしましたが、これは万が一誤ってこぼしても、床下や座席や食べている人の衣装を汚しにくいようにするための、1つの方法であります。

下段側に置くと、衣装や座席や床下の距離が上段側よりも、近くて汚す可能性を大きくするので、できるだけ上段側にするようにするのです。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130412081126 5167431e19fe7

本記事は、2013年11月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る