生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 愛車をキレイに保ちたい!雨の日に車内を汚さない方法

愛車をキレイに保ちたい!雨の日に車内を汚さない方法

2013年04月17日作成

 views

雨の日に車で出かける場合、車の中が汚れてしまいがちです。雨でびしょ濡れになってしまったりする事もあります。それを防ぐために、色々と筆者は工夫をしています。そのアイデアをご紹介したいと思います。

目次

車内の雨の日対策のアイデア

靴置き

靴を入れるトレイを用意しておき、そこに脱いだ靴を入れます。普段からそうしているのですが、雨の日はとくに、マットが汚れにくくなるのでお薦めです。

トレイは靴が入るものならば、百均で売っているプラスチックのもので十分だと思います。

アンブレラケース

傘用の袋です。これを一枚持っていると、外出先で傘を傘立てに置く必要もなくなりますし、とても便利です。もちろん、車内に濡れた傘を持ち込む時も、アンブレラケースに入れれば、車内を汚さずにすみます。

タオル

基本的かもしれませんが、タオルは一枚用意しておくと重宝します。筆者は雨の日に車で外出する時、バッグにタオルを入れていきます。そうすることで、傘をさしていても濡れた肩や髪などを拭くことが出来るためです。

子供づれの場合は、タオルを多めに持っていった方がいいです。子供は濡れたまま車内に入りますし、外で傘をふり回したりもするので、びしょ濡れになる事が多いためです。

費用を抑えるコツ

アンブレラケースが高い!と思われる方は、百貨店などで配布されている傘袋を使用した時、そのまま捨てずに持って帰ってくるという方法もあります。乾かせば、再使用する事もできます。

車内での雨の日対策の注意点

車に乗り込む際、傘を足元に置くと、ドアに挟んでしまう事があります。とくに、子供の場合などは、出来るだけ、内側に収納するようにしましょう。

おわりに

雨の日に車で出かけるのはよくありますが、汚れが車内に入ってしまう事も多いことです。出来るだけ綺麗に車内を保つためにも、色々と事前に準備されることを、お薦めいたします。

(photo by amanaimages)
(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130416102200 516ca7b8240af
  • 20130416102327 516ca80fc9fc5

本記事は、2013年04月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る