生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 夫と一緒にスーパーマーケットへ行って家庭の経済状況を伝える方法

夫と一緒にスーパーマーケットへ行って家庭の経済状況を伝える方法

2010年11月18日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

自分はこんなに節約して頑張っているのに夫は全くわかっていない・・と嘆き思う女性は少なくないと思います。

決して今の生活費でやっていけないわけじゃないし、苦しいと感じているわけではない。でも自分の頑張りを認めてほしい、そして協力をして欲しいと思うのは当然ですよね。

だけど、できる女性ほど、男性を責めることは出来ず、『夫を立てたい』と気遣い上手な方が多いものです。男性の自尊心を傷つけないことはとても素晴らしいこと。それは妻の鏡と言える素晴らしい姿勢です。

しかし、自分の本心が夫に全く伝わらないのでは意味がないし、ストレスが溜まる。何より家庭を守る女性としては、現実をしっかり見据えて、家計をしっかり管理したいものですよね。

今回は夫の自尊心を傷つけることなく、うまーく家庭の経済状況と、奥様のやりくり状況を伝える方法をお教えします。

是非一度お試し下さい!

夫と一緒にスーパーマーケットへ行ってみましょう

ではどうやって旦那様に家庭の経済状況を理解してもらうのか?

家計簿を見せる?口頭で相談する??

それでも理解を示してくれる男性はいるのかもしれませんが、ほとんどの場合が「へぇーそうなんだ・・」で終わり、身をもって体感する、実感することはないでしょう。

更に男性は「なんとか頑張ってくれ」と他力本願を持つだけで、自身が協力すべきと切羽詰った心境になならないはずです。

そこで、一度奥様がどのようにやりくりしているか、『体感』させることが大切です。

まずは旦那様と一緒にスーパーマーケットに買い物に行ってみましょう。

スーパーマーケットに行ったらどうする?

今回の目的は「やりくりの大変さ」「家計の厳しさ」を体感させることです。いつも以上に財布の紐をしっかり締めて買い物に臨んで下さい。

出来れば旦那様はお財布を持ってきていないことが理想ですが、そうでない場合にもあくまで奥様がお支払いになることが前提です。

男性は食費や生活費の金銭感覚がないものです。そして、たまにスーパーマーケットに行くと、色々と目移りし、お菓子やお酒、また食料品などの購買意欲が高まることも多いでしょう。

そこで、いつも以上に節約しながら買い物をしてみましょう。あくまで自然に食材の値札をじっくり見て、金額を計算しながら買い物をしてみて下さい。

もしも旦那様が「コレも買っておいて」と言った場合には、優しく、でもはっきりと断って下さい。『今日の予算は1300円だから』と具体的な金額を提示しても良いでしょう。

こうすることで男性は家計の厳しさ、状況を身をもって体感するはずです。そして旦那様は奥様に感謝と尊敬の念を持つことでしょう。

何気なく一言加えてみましょう

それでもまだ「君が頑張ってくれれば・・」とのんきに思う男性もいるかもしれません。自分のことに置き換えられなければ、意味はありません。

そこで嫌味のない程度に軽く一言付け加えてみて下さい。

  • 「今日は買い物しすぎちゃったな・・・月末まで食費持つかな・・・」
  • 「この買い物で1週間持つかな・・・」
  • 「買いたいもの買えなくてごめんね。」
  • 「最近本当に野菜が高いんだ・・・本当いつもこうやってギリギリで買い物してて。」

これだけ言えば、一般の男性なら罪悪感を少しは感じるはずです。

これを何度が繰り返した上で、少しずつ家計の節約に協力してもらいましょう。体感した後の相談は効果ありですよ!

おわりに

最後になりますが、夫婦の間をぎくしゃくさせないために必要な言葉として『ありがとう』『ごめんなさい』があります。協力してくれたら『ありがとう』。断る時には『ごめんね』などです。

是非この二言を織り交ぜながら、旦那様にうまーくアプローチしてみて下さいね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101117223053

本記事は、2010年11月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る