生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 気になる女性と初めてのお食事デートに行くための自然な誘い方

気になる女性と初めてのお食事デートに行くための自然な誘い方

2013年04月17日作成

 views

好きなあの子をデートに誘いたい!でもどうやって?とお悩みのあなたへ。デートというと丸一日つかって遊園地や水族館などに行くことが想像されますが、初回のデートとしては「まず食事」が女の子にも受け入れやすいものです。

ここでは女性の視点から、初回のお食事デートに自然に誘うためのコツをお伝えします!

目次

デートに誘う前にすべきこと

いきなり一日デートは難しい?

デートに誘うことを考えるとき、あなたはいきなり女性を一日デートに誘おうと思っていませんか?自然に誘うためには一日デートの前に、あなたと彼女との親密さをある程度上げておく必要があります。それほど親密でないのに一日行動を共にするのはなかなか難しいものです。まずデートの前に親密さをあげておきましょう。

親密さをあげるためには?

まずは、彼女と会話する時間を長くとりましょう。一日一度は彼女と会話する、一日の始まりには必ず挨拶するといった、自分なりのルールを決めても良いですね。同じ社内や学校ということであれば、休憩時間を合わせてみたり、仕事や勉強の相談をこまめにすることもできます。

このように、彼女と接触する時間を長くとることによって、彼女の中に「あなたと一緒に居ることは普通の事」という認識を持たせます。デートのお誘いはその後です。

スマートにデートに誘う方法

まずは軽く食事から

彼女と普通に会話できるようになったら、次はお食事デートに誘ってみましょう。食べることが嫌いな人はなかなかいませんし、あなたと彼女との親密さが上がっていれば、まず断られることはありません。「デート」に誘うからと言って、いきなり遊園地や水族館といったところを選ぶよりも、まずは食事から誘った方が無難ですし自然です。

けれど、ここでも焦ってはいけません。まずは簡単なお食事デートから誘います。仕事・学校終わりの時間帯であればおなかも空いてくるところ。そこであなたから、

  • 「お腹すいたなあ。何か軽く食べに行かない?」
  • 「○○の件でちょっと相談したいことがあって…お茶飲みながらでもいい?」

と、彼女を「軽い食事」に誘います。どんな口実でも構いません。本格的なレストランよりも、カフェでお茶するくらいにすると女性も受け入れやすいです。

物を借りる

彼女との食事を継続的に続けていくためには、次にまた会うためのきっかけをつくらなくてはなりません。そのために「彼女から物を借りる」ときっかけが作りやすくなります。彼女が好きなCDや本、DVDなどを「自分も興味があるから貸してほしい」と頼んでみましょう。

返すときに「すごくよかった!有難う。感想も言いたいしお礼もしたいから、ご飯ごちそうさせてもらってもいい?」のように伝えれば、次回の約束も簡単に取り付けられます。物を借り、そのお礼に食事という流れにすれば自然と次回のデートの予約ができるのです。

後は回数を重ねるのみ!

仕事や学校を離れた食事の場は、あなたと彼女の親密さをさらに上げていきます。食事を重ねることで彼女の中には「あなたとオフの時に一緒にいる事は普通の事」として認識させることができます。

女性は男性に比べて非力な分、警戒心が強いものです。そのため、あなたは彼女に対して安全であり、一緒に居ることは自然なことであると一旦認識させられれば、その後のお付き合いは非常にしやすくなります。

注意点

焦りは禁物です。あなたが焦ってしまうと、相手の女性はそれを感じ取って警戒心を強めてしまう可能性があります。あなたのペースではなく彼女のペースに合わせて2人の仲を縮めていくことを心得ましょう。下心まで出てしまっては彼女は逃げてしまいます。あくまでゆっくりと、彼女のペースに合わせてあげましょう。

おわりに

女性は一目ぼれの相手でない限り、男性からのお誘いには警戒心を持ってしまいます。そのため、あなたが彼女に対してどれだけ余裕を持った対応ができるかでデートのお誘いの成功率は変わってきます。決して焦らないこと、を念頭に置いて彼女と接していきましょう。

今回ご紹介した方法なら、女性の警戒心を低く抑えつつデートを重ねていくことが可能です。あなたと彼女がより良い関係に発展することを願っています。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131210153009 52a6b4f15b9c4

本記事は、2013年04月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る