生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 炊飯器で!てびち煮の作り方

炊飯器で!てびち煮の作り方

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

沖縄に引越してきてから作るようになったてびち煮。普通は鍋で煮込みますが、火加減なしで楽に作れる炊飯器を利用しています。

ここでは炊飯器で作るてびち煮のレシピをご紹介します。

材料(2人分)

  • てびち 5個
  • 大根 約15cm
  • チューブ生姜 2cm
  • 鰹節 20g
  • 昆布 5cm
  • 泡盛(又はお酒)150cc
  • 黒糖 大さじ3
  • しょうゆ 大さじ3
  • 水 適量

作り方(調理時間:約3時間)

STEP1:てびちを茹でる

軽く水洗いしたてびちを鍋に入れ、てびちがかぶるくらいの水を入れて10分ほど煮ます。出たアクはきれいに取りのぞきます。目安は煮汁が白くにごってきたら火を止めます。

STEP2:てびちを炊飯器で炊く

てびちを鍋から取り出し炊飯器に移します。

泡盛を入れて、てびちがかぶる量の水、昆布、鰹節を入れ、通常の炊飯モードでスイッチを入れます。

機種によってはある程度の時間がくるとスイッチが切れるかもしれないので、その場合は再び炊飯モードでスイッチを入れなおして下さい。

STEP3:大根を茹でる

STEP2から40分程経ってから大根を調理します。

大きめに切った大根を煮でます。

後でてびちとじっくり煮込んで味を含ませたいので硬めに茹で上げます。大根を茹ではじめて沸騰したら中火にし、5分たったら火を止めたぐらいが丁度いいです。

お米のとぎ汁で大根は煮ましょう。とぎ汁がない時は米粒と大根を一緒に煮ます。このレシピでは著者は大さじ1のお米を使いました。

STEP4:大根を炊飯器に移す

中の鰹節を取り出し大根を炊飯器に入れます。

大根がひたひたになる量の水、しょうゆ、黒糖を入れてさらに1時間以上煮込みます。そうすることで味がしっかりしみ込みます。

てびちをお箸で肉と骨に離せるくらいの柔らかさになったら出来上がりです。

煮込みすぎるとてびちが形崩れしてトロトロになりすぎてしまうので気をつけましょう。

完成!

翌日食べるとさらに味がしみ込んでいておいしいですよ。

上手に作るためのポイント

炊いている間の水の量に注意!

時々炊飯器内の水量を確かめるようにします。水量が減っていたらまたてびちがかぶる量の水を入れてください。うっかりすると炊飯器とはいえ水分がなくなり具が焦げ付くので3~40分に一度は確認しましよう。

てびちの煮汁は捨てない

STEP1のてびちを取り出した後の煮汁は、他の煮物やスープなどに使えます。そのまま冷ますと油とスープに分かれるので一度漉してから容器に入れ冷蔵庫で保存するのがお勧めです。1週間以内に使いきりましょう。

さいごに

沖縄の女性はてびちから上手にコラーゲンを取っていると言われています。ご飯にもお酒にも合いますし、意外と油っぽくないので是非作ってみて下さい。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130413060845 516877dd87c8b
  • 20130413063011 51687ce37bf60
  • 20130413063544 51687e30c774a
  • 20130413065106 516881ca5b52e
  • 20130413070140 516884440f34b
  • 20130413060845 516877dd87c8b
  • 20130413064635 516880bb0f2f3

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る