生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. おいしい鶏レバーの見分け方

おいしい鶏レバーの見分け方

2013年04月17日更新

 views

お気に入り

はじめに

皆さんは鶏レバーを買うときに、どんな選び方をされていらっしゃいますか?

ここでは著者が行っている、おいしい鶏レバーの見分け方をご紹介します。

鶏レバーのミニ知識

鶏や豚のレバーに「白レバー」と呼ばれるものがあります。鶏の場合は雌に多いようで、希少価値があり、売られているのはほとんど見かけません。焼肉屋や焼き鳥屋で出されることが多く、珍重されています。

普通のレバーより臭みがなく、食感はフォアグラに近いそうですが、味はフォアグラとはいかないようです。著者は食したことがないので、1度は食したいものです。

おいしい鶏レバーの見分け方のポイント

産地にはいろいろとあり、名古屋コーチン、比内鶏、京地鳥など、好みが分かれるところで、どこの産地のレバーがよいとは言えませんので、見分けるポイントとしては適さないと思います。

色とツヤ

きれいな紅色がよいです。ちょっと赤みかかっていても大丈夫です。光沢があるものは鮮度がよいものです。

臭い

生臭さが少ないものほどよいです。血抜きされていないもので、生臭さが少ないものは鮮度がかなりよいものです。

弾力

軽く押すと弾力があるものがよいです。

最初はちょっと見分けずらいと思いますが、著者は自分の鼻の下を押した感じと同じものという基準です。

傷んでいる・古いと判断するポイント

色とツヤ

黒ずんだ赤や紅色は、鮮度が落ちていて、傷んでいます。また、白っぽいにごった感じを受けるものは、古いものと思ってよいでしょう。

臭い

生臭さが際立ったものは、傷んでいる可能性があります。上記の色やツヤと合わせて判断しましょう。

弾力

軽く押しても弾力がなく、柔らかくなっているものは、古くて鮮度がよくありません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?おいしい鶏レバー選びの参考になれば幸いです。

(photo:鶏レバーたたき!生肉!by DukeMorita)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130412110230 51676b3668fa4

本記事は、2013年04月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る