\ フォローしてね /

小学校低学年までの泳ぎが苦手な子供とプールで楽しむ方法

はじめに

『子供が水が苦手』『なんとか子供を水泳好きにさせたい』『親子で水泳を楽しみたい』という方は多いと思います。

しかし、水泳のプロではない親が泳ぎを教えたりなどすることは難しいですよね。

今回は小学校低学年までが楽しめるプール遊びをお教えします。こちらの方法は、実際にスイミングスクールなどで、休憩時間やお楽しみとして行われている遊びです。是非一度お試し下さい。

実際に利用される施設のルールに従って行ってください。お子様とゆっくり楽しめるスペースで行ってくださいね。

水中でのコミュニケーション

水の中で目を開けられないお子様も多いと思います。そんなお子様におすすめなのが、水の中でのコミュニケーションです。

大切なのは、楽しみながら自然に水となじむことです。

まずは水の中で『じゃんけん』をしてみましょう。

そのほか、『あっちむいてホイ』や『にらめっこ』、『ジェスチャーゲーム』も良いでしょう。親が水の中で何かを喋り、それをあててもらうのも楽しいものです。

お子様のレベルに合わせて(どれだけ目を開けて水中にもぐっていられるかによります)遊びを工夫してみてください。

水中メガネを使用すると、お子様は大変遊びやすくなります。また、眼病予防にもなりますので、使用をオススメします。

親が子供を楽しませる、または楽しい遊びを提案すれば、子供も乗ってきてくれるものです。また、子供によってはそこから新しい遊びを開発したりするものです。

まずは、泳ぐことにとらわれず、水の中で一緒に遊ぶことを意識してみましょう。水の中で遊ぶのが楽しいと思えば、「泳いでみたい!」という意欲に繋がるはずです。

おわりに

子供が楽しんでいる姿は、親の喜び・楽しみにつながりますよね。

また、ちょっとした遊びのつもりでも、水の中では大変な運動です。子供と遊んでいるうちに、親も楽しく運動ができるわけです。

是非お子様と安全に楽しい時間をお過ごし下さいね。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。