生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 紫外線・虫さされ対策をしてから行おう!庭の掃除箇所のまとめ

紫外線・虫さされ対策をしてから行おう!庭の掃除箇所のまとめ

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

庭掃除はつい後回しにしてしまいがちですが、溜めると綺麗にするのがとても大変になってしまいます。特に夏の暑い日差しのときは庭掃除は避けたいですね。

ここでは庭を掃除する箇所のまとめを紹介します。

庭掃除の準備

以下のグッズで体を紫外線、虫さされなどから肌を保護します。

  • 帽子
  • 日焼け止めクリーム
  • 長袖のシャツとパンツ
  • 運動靴
  • 頑丈なガーデニング用の手袋

掃除箇所

1:芝生やデッキの落ち葉拾い

強い風で枯れ葉やゴミが散乱しやすく、まずは芝生や階段やデッキに落ちているものを竹ほうきで集めて袋にまとめます。

著者宅には3本の松の木があるため松ぼっくりや松の葉を拾い集めます。

これだけでもぱっと見はとても綺麗に見えるようになります。

2:花壇の手入れ

枯れた花や葉は手でつまんで取ります。雑草が生えていたら根から引き抜き、まとめて捨てます。シャベルやはさみなどのガーデニング用の道具は1カ所にまとめておきます。

抜いた雑草はそのまま土に放置しておくと根を下ろしてしまう事があるそうです。必ず捨てましょう。

3:子供の遊具や自転車

子供の遊具は蓋付きのプラスティック製の容器にしまうと雨に濡れて汚れたりさびたりしません。

自転車や三輪車もあまり乗らないときはビニールシートをかけて紐を巻いておきます。

4:芝刈り

著者の庭の芝生は芝刈り機で刈っています。塀の周辺は芝刈りでは出来ないのでカッターを使って刈ります。刈った芝はコンポスター用の容器に入れ堆肥として再利用しています。

5:植木鉢や各種容器の水を捨てる

植木鉢や色んな容器に水が溜まっていたら流して綺麗にしましょう。古い水たまりから蚊が発生し易くなるからです。最近はウエストナイル病を蚊が媒介することで心配されています。

注意点

虫刺されや小枝による怪我に注意

庭掃除中に気付かないうちに枯れ葉に隠れていた虫に刺されたり、古い小枝に触れてトゲが刺さったりする事がありますから、十分に注意しましょう。

花粉症の場合は数回に分けて掃除

花粉症が有る方はマスクをつけ短時間で済ませます。一度に全部済ませようとせず何回かに分けた方がいいですよ。

おわりに

いかがでしたか。ここでは著者が実践している庭掃除のまとめを紹介しました。庭が綺麗だと気持ちがいいですよ。ぜひ参考にして下さい。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130413032141 516850b5ae0af

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る