生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. ネット交換と洗剤でお風呂の排水口のつまりを防止する方法

ネット交換と洗剤でお風呂の排水口のつまりを防止する方法

2013年04月14日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

毎日使うお風呂場はこまめに掃除しなければいけませんね。特に排水口は髪や石鹸カス、アカなどの汚れが溜まり、放っておくとパイプづまりまで起こしてしまいます。そうなる前にしっかり防止しなくてはいけません。

今回は著者が実践する「排水口のつまり防止対策」を紹介します。

行う頻度・タイミング

排水口以外の床や壁、浴槽などの掃除は毎日使用後に掃除をします。排水口は週に1度、土曜日の朝に行います。終末は家族がゆっくり入浴できるように、その前にスッキリ清潔にしておきたいからです。

使うもの

  • カビ取り用洗剤(塩素系)
  • 排水口目皿用ネット(直径6-15cm対応)
  • 歯ブラシ
  • ゴム手袋

つまり防止の手順

STEP1:排水口目皿を洗う

排水口の目皿にについている石鹸カスやアカなどの汚れを、水で流しながら歯ブラシで擦り取ります。

STEP2:ネットをかぶせる

目皿より網目の細かいネットをかぶせて、髪の毛やゴミなどを排水パイプに流れるのを防止します。

目皿用ネット(42枚入り)は100円均一ショップで購入。

STEP3:排水口を洗う

排水口も歯ブラシで擦り洗いをします。この時は水又は風呂の残り湯を使います。

STEP4:カビ取り剤をかける

洗った後排水パイプと周辺にカビ取り剤をかけます。

泡で包むようにして、10分程置きます。

くれぐれも換気に注意して下さい。

STEP5:水で流す

強めの水で流します。

終了

ネットをかぶせた目皿をセットして終了です。

排水口つまり防止で注意すること

髪の毛やゴミなどはネットがキャッチしてくれるのでパイプの方へ流れる心配はないのですが、網目をすりぬけるアカや石鹸カスが菌の繁殖に繋がります。

ぬめりが出てヘドロ状態になるとパイプが詰まり易くなるので要注意です。

著者の場合はプラスチック製の排水口なのでカビ取り剤を使用していますが、素材によっては使えないので確認して下さい。また複数の洗剤を同時使用するのは危険です。

ネット交換や掃除のタイミングは家族の人数やお風呂の使用頻度によって、対処して下さい。

おわりに

排水口をつまらせてしまうと、業者に任せるしかないので大ごとになります。そうならないように、普段からしっかり防止対策をして下さいね。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130412095312 51675af8c4c25
  • 20130412101032 51675f0866c5e
  • 20130412101831 516760e712076
  • 20130412101807 516760cfccf28
  • 20130412102250 516761eac7264
  • 20130412102436 5167625467d88
  • 20130412102531 5167628b4218f
  • 20130412102706 516762eac73b5
  • 20130412095312 51675af8c4c25

本記事は、2013年04月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る