生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 夫の疲れを和らげる妻の心配りのポイント

夫の疲れを和らげる妻の心配りのポイント

2010年11月18日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

現代の日本社会の中で働く夫は、仕事にやりがいを感じつつも日々ストレスと戦っています。働き盛りの男性はみんな同じではないでしょうか。

外で懸命に働いて帰宅したときに、妻のちょっとした心配りで夫の疲れを和らげることができるとよいですね。そこで、そのポイントをいくつかご紹介します。

ポイントその1  あいさつ

「お帰りなさい」のひとこと

たった一言ですが、あると無いとでは大違いなように思います。これに「おつかれさま」が加われば尚よいでしょう。

「お帰りなさい」の他にも「おはよう」や「いってらっしゃい」日常の挨拶をなるべく お互いの目を見て交わすこと 、これだけで時間に余裕のない朝晩でも、様子を感じ取ることができ、安心して新たな仕事へ向かうことができます。

ポイントその2  ごほうびと会話

人間は自分が頑張ったことに、何かしらのごほうびをもらえると単純に嬉しいものです。

帰宅して夕食をとるなら好物を一品。お酒が好きならお酒におつまみなど。その時はなるべく一緒に食卓につきます。
帰宅が遅ければ夕食は先に済ませていることが多いと思いますが、そんな時は妻は何も食べずにお茶だけでもいいと思います。一緒に食卓を囲むというスタイルを持つことで自然と会話も生まれます。

子供が小さいなど、夜遅くに帰宅する夫を待っていられない場合は、メールでもメモでもかまわないと思います。要は、「気にかけていますよ」という気持ちが伝わればOKです。

ポイントその3  気分転換

仕事とは関係のないところで時間を共有する

お休みが取れたなら、一緒に過ごす時間をつくりましょう。

一日中パソコンの前に座っている夫の場合は、自然のマイナスイオンがいっぱいの山や海などへ連れ出してみましょう。

ポイントその4  笑顔

笑顔を見て、いやな気持ちになる人はいません。また笑顔でストレスが減るということもよく知られています。

一日の終わりに笑顔でいられるなら、きっと明日もいい日になると希望が持てることでしょう。
1日1つ、その日あったことで面白かったことを教えあう時間も楽しいものです。

ネタに困った時は深夜のバラエティー番組で笑顔が生まれることもあります。

おわりに

夫婦円満の秘訣は、日々の工夫にあると思います。特別なイベントやプレゼントを用意せずとも簡単にできることばかりをあげてみました。

山あり谷ありの夫婦生活ですが、一緒にいられることを感謝し合っていつまでも笑顔で歩んでいければよいですね。

本記事は、2010年11月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る