生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. カーテンレールを選ぶ時に基本となる4つのポイント

カーテンレールを選ぶ時に基本となる4つのポイント

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

カーテンレールはカーテンの脇役になりがちですが、カーテンをより引き立てられるようなものがいいものだと思います。

そんなカーテンレールを選ぶポイントをご紹介します。

著者が持っているカーテンレールについて

  • メーカー:TOSOグレイスフィーノ19
  • サイズ長さ:2,700mm
  • 仕様:ネクスティダブル シルバー
  • 価格:18,000円ぐらい
  • 購入時期:H18年10月

カーテンレールを選ぶ4つのポイント

カーテンレールはいっけん何でもいいように思いますが、意外にもカーテンの雰囲気をまとめてくれます。部屋の雰囲気を壊さないようなものを選ぶコツをまとめてみました。

ポイント1:部屋のテーマ

どんなお部屋にしたいのか、どんな雰囲気のお部屋にしていきたいのかを考えてから、選ぶとより選びやすくなります。

著者はカントリーやナチュラルテイストのお部屋より、シャープでモダンな印象にしたかったので細いけど少し飾りのあるシンプルなものにしました。

ポイント2:カーテンのイメージ

カーテンがかわいらしいものでしたら、そういった雰囲気のものを選ぶようにしたり、ボリュームがあるものでしたら、シンプルでカーテンを目立たせるものもいいでしょう。

著者はカーテンが比較的シンプルでしたし、部屋もシンプルでしたので浮かないようなデザインを選びました。

ポイント3:ダブルかシングル

カーテンレールを取り付けるとき、カーテンをレースとドレープを取り付けるのか、それともレースのみにするのかで、レールを一本か二本かを選択することができます。

著者はレースとドレープ両方吊るしたかったので、ダブルのタイプを選びました。

ポイント4:金額

カーテンレールもいいものになると結構な値段がしてしまいます。カーテンの予算を組む時にレールも忘れずに組むようしたほうがいいでしょう。またカーテンに予算をとられてしまったらレールを少し妥協して購入することを考えてもいいでしょう。

著者もそうなってしまい、良いものを取り付けたかったのですが、少しランクを落として似たようなデザインのものを選びました。でもこれでよかったと大満足です。

金額は少し落としてもデザインやイメージまで崩さないで選び抜きましょう。

おわりに

カーテンレールには色も何色かありますので、部屋のイメージや壁の色などとあわせて考えて選べるといいですね。

レールにはかなり悩み時間を費やしましたが、結果的に何年経っても後悔はなく気づいてくれる人は「こんなレールあるんだね」と言ってくれるのでよかったです。ご参考になれば嬉しいです。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130411214304 5166afd82a564

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る