\ フォローしてね /

英語のリスニング力を驚異的に上げる方法

世間では大手の企業が英語を会社の公用語にしたり、TOEICなどの試験が入社試験の一つとして使われるなど、英語を使う機会が多くなってきました。

しかし、多くの日本人が留学したり、英語をしゃべるネイティブの人に高いお金を払って英語を習わないと上達できないと思い込んでいます。

でも、実は英語は今では高いお金を払わなくてもリスニングや会話が簡単に伸ばすことが出来ます。そのやり方をお教えします。

ここではTOEICでスコアーが600点以下で、特にリスニングが苦手な方の勉強の仕方を書いてみます。

その1 TOEICの問題集を聞いて書き取りをする

問題を聞いて書き取りをすることをディクテーションといいます。やり方はとても簡単です。

Step1: 問題集を用意する

TOEICの問題集(リスニング用CDがついているもの)を用意する。(自分の実力にあったものがよい)

Step2: 聞いてみる

最初は1問、3回くらい聞いてみる。

Step3: 書きとめる

その後途中で問題を止めてもいいので、質問でいっていることをすべて書きとめる。

Step4: 文章を完成させる

その問題が、自分の聞き取れる限界まで聞き、文章を完成させる。

Step5: チェックする

その後問題解説を読み、自分の書きとめたものと文章との違いを赤ペンで比較、修正する。

Step6: 翌日再チャレンジする

次の日に、全く同じ問題を1回聞き、書き取り答えあわせをする。

目安としては1日2問ほど、30分を続けてください。

大事なのは欲張りすぎず、1問をきっちり聞き取り、書き取る力をつけることでリスニング力がついてきます。それと分からない単語が出てきたら、チェックすることで単語力もついてきます。

その2 インターネットを利用する。

最近では英語学習者向けの無料サイトなどたくさんあります。特に英語で英語学習者むけに書いてあるサイトは、日常で使う英語が学べるので特にお勧め。

最初は英語ばかりなので、めんどくさく思えるかもしれませんが、外国にいくことをおもえば安いもの。お勧めのサイトを下にリンクしておきます。

あと、オンライン英会話教室なども、Skypeなどを使って出来るものもあり、交通費や学校の授業料を考えればかなり安く続けることも出来ます。

おわりに

実はリスニングは一番英語の中で伸ばしやすいといわれています。ただ、リスニングだけが上達するだけでは仕事や海外留学では通用しません。

文法や単語力などの地味な暗記と一緒にリスニングも伸ばしていくと、きっと英語の勉強が楽しくなっていくでしょう。

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。