生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 日本からタイと香港の2か国旅行を最安値で行く方法

日本からタイと香港の2か国旅行を最安値で行く方法

2013年04月13日作成

 views

お気に入り

海外へ行く時に一番のネックになるのは値段だと思う。
その中でも移動費が占める割合はかなり大きくなる。

この移動費がもうちょっと安ければ、その分もっといいホテルに泊まれ、いい食事もでき、豪華に遊ぶ事だってできる。

なので、どうすれば節約できるかということはいつも考えている。

そこで今回は自分の知ってる方法で、日本からタイへの航空券を最安値で購入する方法を紹介したいと思う。

結論から言うと、日本から香港、タイへは往復で4万円以内で行ける。

ただし、条件付き。

まず、場所

この価格は関空に就航してるピーチアビエーションを使った値段になる。

従って、関西の人でないと、もう少し値段が上がる。

東京から大阪までは2500円で行く方法があるので、あくまで値段重視ならば、東京の人も関空からピーチを使うといいと思う。

東京から大阪へ2500円で行く方法はVIPライナーと呼ばれる高速バスを使う方法。

VIPライナーは高速バスの中では値段も安くてキレイなのでオススメ。

さて、このピーチの値段だけど、大阪から香港までがなんと往復2万円以内、航空会社だと片道ごとに買えるので、片道では半分の1万円以下だ。

ただし、出発日が火曜日だったりする。

また、委託荷物の料金(+1500円程度)は含まない。

そこは注意が必要。

次に香港へ着いてからだけど、今度は香港からタイへ一番安い行き方をお教えよう。

それは香港エクスプレス航空

香港エクスプレス航空だと、航空券購入時に200HKドル(約2200円)の割引が可能なメンバーに登録することが出来る。

メンバーになって航空券を買えば、香港からタイまで往復約2万円になる。

香港エクスプレスで航空券を買う場合は、中国の祝日に当たらないかしっかり調べる必要もある。

時期によって、とても高くなるので。

香港からタイへの飛行時間は、2時間半。

このわずかな時間で微笑みの国タイへ到着する。

こうして、日本から香港経由のタイまでの往復で、計4万円以内に抑えることが出来る。

一般的な方法だと最低でも6万円はかかるので(旅行代理店だと5万円代のところもあるけど、大体が旅行代理店の手数料無しの値段)、2万円が浮く計算になる。

ただし、それぞれの航空券はホームページ上で、乗り継ぎ時間等を考慮して自分で購入する必要がある。

香港エクスプレスについては日本語に対応していないので、最初は少し不安かも知れない。

だけど、この方法では香港ももれなく楽しむことができる。

100万ドルの夜景を見ながらゆっくりした後に、タイへ行くこともできるのだ。

以上ほんの少しの手間で2万円以上お金が浮くわけだから、タイ、香港旅行を楽しみたい人は参考にしていただければと思う。

追記

タイ旅行だけを楽しみたい人も上記方法が最安値なのでおススメ。

ちなみに、エアアジアでも大阪⇔バンコクが4万円ぐらい。

本記事は、2013年04月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る