生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 着回ししやすいブラウスを選ぶ3つのポイント

着回ししやすいブラウスを選ぶ3つのポイント

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

1着あると着回ししやすいブラウス。普段着としても可愛く着ることができます。

今回は、著者がブラウスを選ぶ際のポイントをご紹介します。

所有しているブラウス

  • ブランド名:ハニーズのものです。
  • 種類:1枚で着られるタイプのブラウス。
  • 特徴:ピンクオレンジの色。黒いリボンは取り外し可能です。襟は、花柄になっています。

ブラウスを選ぶ際のポイント・注意点

1.襟の形

襟の形によってイメージががらりと変わります。ですので、可愛いブラウスが欲しいときは、写真のように丸襟で。かっこよく着こなしたいときは、しゅっと先のとがったブラウスを選ぶと良いと思いました。

襟の形の違うタイプをいくつか持っていれば、ブラウスと言っても色んな着こなし方ができると思いますよ。

2.綿100パーセントではないもの

綿100パーセントのものは、汗もよく吸い取るので特に夏場などは欠かせません。しかし、しわになりやすいという弱点もあります。

そこで、綿100パーセントのものではなく、ポリエステルも少し入ってるほうが着やすいのではないかと思います。暑いときはアイロンがけも億劫です。

毎日忙しいというときもアイロンがけは余計な仕事になりがちなので、手軽に着られるブラウスを1着選ぶと良いと思いました。

3.服に合わせやすいもの

1枚で着る場合はいいですが、カーティガンやニットと一緒に合わせる場合。やはり、シンプルな色を選ぶと着回ししやすいと思います。

1枚は持っておきたいのが白。白のブラウスは万能です。色んな着こなしができます。色ものが多いカーティガンなどにも、よく合うのではないでしょうか。

著者は、可愛い色が好きなのでピンクオレンジの色をチョイスしてみました。自分の服の系統を見直して選ぶと、失敗がないと思います。

ブラウス購入の失敗談

可愛いと思って購入したブラウスが、実はポリエステル100パーセント。汗をなかなか吸い取ってくれません。ちゃんとチェックせず購入してしまい、失敗しました。

基本的なことではありますが、タグをきちんと見ると著者のように失敗することはないと思います。

ショップスタッフからのアドバイス

「襟のないブラウスは、着回ししやすい」とアドバイスをもらいました。

ジャケットと合わせると、ジャケットの襟とブラウスの襟がかぶってしまいますが、襟なしだと首元もスマートに見えるそうです。

ブラウスを購入後

着回ししやすいブラウスを選びがちなので、柄物のブラウスも探してみたいです。水玉とか花柄など、春らしいデザインのものを選んでみたいと思いました。

おわりに

いかがでしたか。1枚でも組み合わせても着られるブラウスは、万能アイテムです。ぜひあなたも、お気に入りの1枚を見つけてオシャレを楽しんでくださいね。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130409160924 5163bea4b03a4
  • 20130409153339 5163b643aed6a

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る