生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. アート好きが教える!美術館を楽しむポイント

アート好きが教える!美術館を楽しむポイント

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

ちょっと敷居が高い感じのするスポット、美術館。行っては見たものの「どう楽しんでいいかよくわからない」という人も多いのではないでしょうか?今回は美術館めぐりが趣味の著者から、美術館を楽しむポイントを紹介します。

著者の美術館好き歴

年に8~10回ほど美術館に行く、美術好きです。初めて美術館に行ったのは小学校高学年位だった思います。「ピカソ展」で「変な絵がいっぱいあるところ」である美術館の不思議な魅力に目覚めました。

美術館の魅力は「本物の絵画・アート作品」が自分のペースで見られること。実際に見ると大きさや色使いなどがわかって面白いです。現在は同じくアート好きの友人、母、たまに彼氏などと出かけています。

オススメの美術館

著者のオススメ美術館を2つ紹介します。

横浜美術館(神奈川県・横浜市)

著者がよく出かける美術館です。みなとみらい21エリアにあり、JR・みなとみらい線・横浜市営地下鉄など複数路線からアクセス可能。特別展・常設展共に楽しめるものが多いので、横浜においでの際はぜひ!

横須賀美術館(神奈川県・横須賀市)

神奈川県横須賀市にある美術館です。海のすぐそばにあり、近くには観音崎灯台や公園、温泉施設があり、海が見えるおしゃれなレストランも併設しています。バスか車でないと行けませんが、リゾート気分で楽しめる開放的な美術館です。

美術館をさらに楽しむコツ

色んな角度から作品を見よう

作品を真正面から近くで見る人も多いですが、せっかくなので、離れて全体を鑑賞したり、違う角度から見たりしてみても面白いですよ。

「理解しよう」と思わずに絵を見よう

現代アートなどの抽象的な作品の前では、たまに首をかしげつつ、眉間にシワを寄せて悩みながら作品鑑賞している人がいらっしゃいます。「アートを理解しよう」と考えすぎると、なんとなく表情が険しくなるのでは?と思います。

アートは理解するためのものではなく、感じ方を楽しむものです。「きれい」「楽しい感じ」「わけがわからない」「面白い」「かわいい」など、作品を見て感じたことを楽しむだけでOKだと思います。

歩きやすい靴&冷房対策

美術館の中は意外と広く、結構歩きまわります。女性はヒールの靴だと脚が痛くなるかも。靴ずれ対策などはしっかりしておきましょう。

また、作品保護のために冷房をきかせている展示も多いので、夏でも冬でもストールやカーディガンなどがあると安心です。

ミュージアムショップ&周辺施設で楽しむ

美術館のお楽しみといえば、ミュージアムショップ。ポストカードや図録などの定番グッズはもちろん、特別展限定の文具や小物なども手に入ります。

また、美術館周辺にあるカフェやレストランを目当てにお出かけするのもオススメ!美術館周辺にはおしゃれなレストランや素敵なカフェがあることも多いので、歩きまわった後の息抜きにピッタリです。

「美術館ってちょっと…」という人とでも、「見終わったら、一緒にお茶しよう!」という風に誘えば、案外OKをもらえるかもしれません。

美術館のマナーにを気を付ける

美術館で意外と多いマナー違反。見ていてかなり恥ずかしいですので、この3つは守りましょう。

  • 大きな声で話さない
  • 一つの作品の前に長く居残らない・触れない
  • 展示ごとの決まり(順路・鑑賞方法など)に従う

最近は写真撮影OKエリアがある特別展なども増えていますので、その都度ルールを確認して楽しく鑑賞しましょう。

気になる特別展はお早めに!

美術館の特別展や企画展などは、数ヶ月もすれば入れ替わってしまうため、「あの時見ておけばよかった」という後悔をしないためにも、早めに行きましょう。会期スケジュールはポータルサイトなどでチェック出来ますので、前もって調べておくのがオススメです。

また、期間中の休館日にも注意。「せっかく行ったのに、休館日だった!」というのはガッカリですので、気をつけましょう。著者も経験済みです。

おすすめポータルサイト→インターネットミュージアム

おわりに

いかがでしたでしょうか?ぜひ皆さんも気軽に美術館に出かけてみてくださいね!

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130409144918 5163abdef04da
  • 20130409144757 5163ab8d275c9
  • 20130409144715 5163ab6386269

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る